配備予定地の星州の元ゴルフ場に搬入されたTHAADの発射台(大邱日報提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は27日の定例会見で、米太平洋軍のハリス司令官が韓国南部の星州に一部の装備が搬入された米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を近く運用できると発言したことについて、「(テスト運用ではなく)実際の運用」と述べた。

 また、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合、稼働できるかどうかに関しては「作戦運用能力を備えるというのは、そういう意味で解釈すれば良い」と説明した。在韓米軍が26日に運び込んだレーダーなどTHAADの関連装備が北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃できる性能を発揮できる状態との意味とみられる。
 ただ、性能を完全に発揮するまでは時間がかかりそうだ。文報道官は「1砲兵部隊規模の完全な作戦運用能力を年内に備えることを目標に(配備作業を)推進している」と述べた。
 その上で、「きのうTHAADの装備が配備されたのは野戦配備で、施設工事なく配備されたものだ」として、「THAADはどの地域にも展開し、作戦運用することが可能」と説明した。
kimchiboxs@yna.co.kr