ジャガーのコンパクト・クロスオーバーSUV「E-PACE」が、ニュルブルクリンク高速テストに姿を見せました。

「E-PACE」が参入するCセグメントSUVには、アウディ「Q3」、メルセデスベンツ「GLA」、BMW「X1」、レクサス「NX」、アルファロメオ「ステルヴィオ」などのライバルがひしめいています。

日本での発売も確実と見られますが、その販売戦略は「クラス最安にして最高のスポーツボディ」だといいます。

ニュルに現れたプロトタイプは、ルーフエンドからリアウィンドウへカモフラージュが施されていますが、2016年に公開されたEVモデル「I-PACE」に酷似した、傾斜の強いリアウィンドウを持つクーペSUVとなる可能性が高いです。

パワートレインは2リットル直列4気筒ターボチャージャー「インジニウム」エンジン、及びハイブリッドモデルも投入される予定です。

また、今回は初めキャビンの撮影にも成功しました。あいにく、大部分をクロスで隠されているためディテールは不明ですが、「インコントロール・タッチ・プロ・インフォテインメント・システム」搭載は確実と見られています。

ワールドプレミアは早ければ2017年秋で、日本発売価格は370万円程度が予想されます。

(APOLLO)

 

クラス最安にして最高のスポーツボディが自慢。ジャガー最小SUV・E-PACEがニュル初登場!(http://clicccar.com/2017/04/27/465196/)