医師に騙されたと主張する妹(右)(出典:http://www.newsjs.com)

写真拡大

体重500キロで「世界で最も太った女性」とされるエマン・アフメド・アブド・エル・アティ(Eman Ahmed Abd El Aty、36)さんが3月7日、インドの病院で減量手術を受けた。各国メディアはエマンさんの手術が成功し、順調に体重が減っていることを報じていたが、その裏側で…。

11歳の時に脳梗塞を起こして以来、25年間一度も外出したことがなかったエジプト在住のエマンさん。彼女が先月7日、ムンバイのサイフィー病院(Saifee Hospital)で腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を受けた。エマンさんは手術のため2月11日にインド入りしており、入院時のボディマス指数(BMI)は通常の10倍という252にも達していた。

医師らは今月21日、エマンさんの病室での動画とともに「徹底した食事療法と手術の成功により、この2か月で体重が250キロ減少した」と声明を発表、治療が順調に進んでいると説明した。

しかしながらエマンさんの妹シャイーマ・セリムさんは、4月14日に撮影したという動画を公開し「声明は全くの嘘。姉の体は医療によってズタズタにされてしまいました。肌は青白く、脳梗塞を2回、てんかんの発作も何度か起こしています。姉は生命の危機にあります」と語った。

動画の中でシャイーマさんは、エマンさんが横たわるベッドのそばでアラビア語で次のように述べている。

「姉は非常に危険な状態にあります。10日前に2度目の血栓症(血の塊によって血管が閉塞すること)を起こし、それ以来言葉を発することも、もちろん動くこともできません。食事はチューブで摂っていますが、回復している様子はありません。血栓症を起こした時、医師にCTスキャン(コンピュータ断層撮影)をしてくれるように頼みましたが『ムンバイでは出来ない』と言われました。」

「病院は名声やマスコミへの露出ばかりを気にしていて、患者のことはちっとも考えていません。全てが嘘です。体重が240キロ、いや260キロも落ちたなんてでたらめです。エマンは1か月半前から非常に危険な状態で、今は薬漬けにされています。」

「私たちはムファザル・ラクダワラ(Muffazal Lakdawala)医師に騙されたのです。彼は嘘つきで、患者に優しくありません。エマンのために祈ってください。」

これに対し主任肥満外科医であるアパルナ・バスカー(Aparna Bhaskar)医師は25日、「彼女が言っていることは全くのでたらめです。エマンさんがエジプトで継続して治療ができるのであれば、いつでも退院ができる状態ですが、シャイーマさんはエジプトに連れて行くのを拒んでいます。エジプトでの治療費は無料ではないですからね。経済的な問題があるのでしょう。それにエジプトでの医療にも疑問を持っているはずです」と反論。「医師を屈辱するにもほどがある」としてエマンさんの担当から外れることを明らかにした。病院では家族の助けを求める声に応える形で募金を集めたほか、エマンさんを迎えるにあたって15人以上の医師がチームとなって対応し、3000万ルピー(約5200万円)をつぎ込んだとも言われている。

また『Hindustan Times』は同日、エマンさんに最初の脳のCTスキャンが行われたことを伝えている。医師らは「CTスキャンにはエマンさんの体重が204キロ以下であることが条件となるため、彼女の治療が順調であることを証明できました。現在体重は171キロで、病院に来てから起こっている発作はてんかんによるものです」と指摘し、「予定よりも早く体重が落ちています。治療が終了すれば、病院に留まる必要もなくなるでしょう」と発表した。25日のスピーチセラピー終了後、エマンさんはアラビア語で4文だけ話したという。

病院のスポークスマンはシャイーマさんが病院や医師を批判していることに対して「言葉の壁や環境の違いが原因であったことは十分に推測できることです。また我々に対する期待が高すぎたのではないでしょうか。エマンさんは順調にいけば、予定されていた6か月を待たずに退院できるでしょう」と語っている。

医学的な証拠を次々と突きつけられ追い詰められた形となったシャイーマさんの今後の出方が気になるが、医師らは「時がたてば彼女の嘘が証明されるはず」と述べ、引き続きエマンさんの治療を続ける方針を示している。

なおエマンさんは寄生虫感染により皮膚が硬化し身体の一部が肥大する象皮症にもかかっており、常に空腹と感じてしまう遺伝子疾患、睡眠時無呼吸症候群、甲状腺機能低下症、糖尿病、高血圧症、体液貯留、腎臓疾患にも苦しんでいるという。

出典:http://www.newsjs.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)