「raytrektab DG-D08IWP」

株式会社サードウェーブデジノスは、1280×800pixelsの8インチ液晶を備えているWindowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の販売を開始した。株式会社ワコムのWacom feel IT technologiesを採用した筆圧感知ペン付きのタブレットで、クリエイターを中心に大きな注目を集めている製品。4096階調の精細な筆圧感知により、紙のような滑らかな描き心地が実現されている。全国22のドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトでの購入が可能で、価格は4万6112円(税抜)。「Bluetoothキーボード一体型保護ケースセット」も4万8612円(税抜)で販売されている。気軽に持ち歩ける本製品は、まるでスケッチブックのように鞄から取り出して、気軽に絵を描いたりできる液晶タブレットだ。OSにWindows 10 Home(64bit)を採用しているため、パソコンで使い慣れたソフトを使って絵を描くことが可能。株式会社セルシスの定番ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」のシリアルコードも、標準でバンドルされている。CPUはAtom x5-Z8350、グラフィックスはCPU内蔵のインテルHDグラフィックス400、メモリは4GBで、内蔵ストレージは64GBのeMMC。本体には、給電兼用のmicroUSB、映像出力用のmicroHDMI、加速度センサーとGPS、microSDカードスロット、約200万画素のWebカメラ(前面×1 / 背面×1)などが実装されている。ワイヤレス通信機能は、IEEE 802.11 ac / a / b / g / n準拠の無線LANやBluetooth 4.0に対応。バッテリー駆動時間は約4時間(JEITA2.0)だ。付属の筆圧感知ペンは、標準の芯のほかにフェルト芯とエラストマー芯を同梱。フェルト芯はマーカーのような描き心地で、粘り気のあるエラストマー芯はより紙に描いている感覚に近い。本体サイズは約214(幅)×10.1(高さ)×128(奥行)mmで、本体重量は約400g。なお、この「raytrektab DG-D08IWP」を購入前に試用してみたいユーザーには、各地で実施されるタッチアンドトライイベントがおすすめ。東京ビッグサイトで開催される4月30日(日)の「COMIC1☆11」、5月3日(水)〜4日(木)の「SUPER COMIC CITY 26」、5月6日(土)の「コミティア120」に加え、インテックス大阪で開催される5月28日(日)の「COMIC CITY 大阪111」への出展 / 展示も決定した。液晶タブレットに直接絵を描く気軽さや心地良さを実際に体感できる。株式会社サードウェーブデジノス
価格:4万6112円(税抜)
URL:http://www.dospara.co.jp/5info/cts_raytrektab
2017/04/27