司会「それではFUJIWARAの藤本敏史さんから一言ずつお願いします」
宮川大輔「としふみ?」
バイきんぐ小峠「としふみって言うんですか」
FUJIWARA藤本「としふみやって」
ノブコブ吉村「名前ダサくないすか?」

下の名前を呼ばれるだけで散々な言われよう。都内で行われた『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2の完成披露試写会。本編に参加した10名から、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ) の5名が記者会見を行った。


頼りになるフジモンの合いの手


『ドキュメンタル』は芸人10人による「密室笑わせ合いサバイバル」。同じ部屋で過ごしながら、あの手この手で相手を笑わせるのがルール。笑ったものから部屋を去り、最後の1人まで残れば賞金1000万円を獲得できるのだ。Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツであり、地上波ではギリギリアウトな笑いも余すところなく残されている。

シーズン1は吉本芸人10名によって行われたが、今回はバナナマン日村(ホリプロ)、アンジャッシュ児島(人力舎)、バイきんぐ小峠(SMA)と他事務所の芸人も参加。さらに初めて女芸人・森三中大島も乗り込んだ。

大島「ずっと考えてました。女性として何ができるかなと……」
藤本「なんでもできるやん……」
大島「呼ばれたからには。やっぱり女性1人なんで」
藤本「女性ならではやったな〜。女性という武器と、ママという武器をね、フル活用してくる」
大島「今しかできないですから」
藤本「こういうのやります、って旦那さんと相談しないの?」
大島「ブラジャーの色だけ相談しました。黒にしなさいって」


同じく初参加の平成ノブシコブシ吉村は、ドキュメンタルの会場に一番乗りしたときのことを語る。

吉村「トップバッターでドアを開けて、何か始まるんだという胸騒ぎをね、感じましたねぇ」
藤本「そら何か始まるやろ(笑)」
吉村「これはね……何か始まるなと思いました!」
藤本「わかるやん!始まるねん絶対に」
吉村「いろんなものがあったんで、これは始まるなと」
藤本「一筋縄ではいかないな、とね」
吉村「と、思いましたね!始まるな!とね」
藤本「自分、気に入ってるかもしれんけどそないウケてないで(笑)」

そろそろお気づきかと思うが、この会見、逐一FUJIWARA藤本がフォローに入ってくれる。フジモンの合いの手によって空白が埋まり、次の発言がうながさる。サービス精神の塊なのだ。そのサービス精神の格好の矛先になったのは、先日元カノがいろいろあったバイきんぐ小峠だった。

「フラッシュの数多いなと思って」


司会が「小峠英二さん一言お願いします」と呼びかけると、「えいじ!」「えいじさん!」「かっこいいな!」と持ち上げる一同。しかし、なぜか目が真っ赤なので「怖い」「ドーベルマンにしか見えない」とすぐにイジられる。


小峠「まぁ大変でしたけど、お笑いの猛者達に挟まれて、いろいろこう、戦っていくのはやっぱり、あのぉ」
藤本「はい」
小峠「すごく刺激的で楽しい時間でありましたねぇ」
藤本「えぇえぇ」
小峠「すごく面白い仕上がりになってると思いますんで」
藤本「えぇ」
小峠「ぜひご覧いただければと思います」
藤本「ん〜」
大輔「なにその相づち。ええねんそれ、いらんて!」
藤本「いやいやその、フラッシュの数、多いなと思って」


吉村に「やめなさいよ」と注意されても「フラッシュが多いなって言うてるだけやん!」「(目が赤いのは)今日は緊張して寝られねんかったんかなって!」と抵抗。「(会場内の)冷蔵庫の中身が充実していてビックリした」という小峠のコメントには

藤本「(記者が)いまペン走らへんから。冷蔵庫の中身なんか記事にできへんやん!」

と、舞台上だけでなく客席まで目を配る。もちろん、他人をイジるだけでなく自分のコメントもしっかり残すのだった。

藤本「精神力も体力も使うんで、終わった後はヘトヘトなるんすわ。こんなお仕事他にないです。ただね、心地いいんですよそれが。体がホワーッとして、いい疲れが押し寄せるんですよね。それがいいところじゃないですかねー」

ツッコミでありながら、シーズン1では気を吐いたフジモン。ギャガーじゃなくても、ツッコミの笑いで十分戦えるのがドキュメンタルの醍醐味だ。ただ、アンジャッシュ児島については「児島さんだけでしたよね、オフェンス弱かったの(吉村)」とコメントされていたのが気になる。

フジモン「ルミネに60回立たないと」


別の会見で松本人志が「芸人以外にも参加してほしい」と発言したのを受け、司会から「参加したら盛り上がりそうな人」を聞かれた一同。大輔は「IKKO」、吉村は「具志堅用高」、小峠は「天龍源一郎」、大島は「安藤なつ(メイプル超合金)」を挙げるが……

藤本「オレはやっぱり……COWCOW善し、トータルテンボス大村、東京03豊本、千鳥大悟……」
吉村「『倫』の人でしょ(笑)揃ったらヤバいですよ」
大島「チームになって」
藤本「チーム倫ね」

とはいえ、誰でも気軽に出られるわけではない。『ドキュメンタル』に参加するには、参加費100万円を用意しなければならないのだ。シーズン1では金策に走る参加者も多かった。アントニーはバイク川崎バイクにお金を借り、野性爆弾くっきーは吉本ファイナンスから借金をした。2回目の参加となる宮川大輔とフジモンも、また100万円を用意しないといけない。

藤本「言うても100万ってデカいっすよ」
大島「何回ルミネ立たなきゃいけないか、っていう」
藤本「そうやで!ホントに……何回や?……50回……60回、60回や!60回ぐらいやで」
大輔「FUJIWARAでそんなもん!?」
吉村「ホントいい加減ギャラを上げてくださいって!俺らも上がんないんですって!」
大島「うちらが100回くらいです」
吉村「そうですよ」
藤本「100回!?……みんなテレビ出てるで!?」
吉村「上げないからよ!おたくが!」
藤本「だって、オレ60回やっちゅうねん!」
吉村「そことハイキングウォーキングがギャラ上げないから俺らも難しいの!」


個人的には会見でダイアン津田の名前が全く出なかったのが寂しいところ。果たして「スーを差し上げます!」は出たのか。『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2は4月26日からAmazonプライム・ビデオで独占配信中。

出場者:
ジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、日村勇紀(バナナマン)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、津田篤宏(ダイアン)、斉藤慎二(ジャングルポケット)


(井上マサキ)