【ソウル聯合ニュース】ソウル地方警察庁は27日、日本のゴールデンウイーク(4月29日〜5月7日)と中国の労働節(メーデー)連休(4月29日〜5月1日)に合わせ、ソウルを訪れる外国人観光客向けに治安サービスを提供すると発表した。

 警察は市などと合同取締班をつくり、外国人観光客からの苦情が多いショッピング、タクシー、宿泊関連の違法行為を取り締まる。主要観光地にある小売店が価格表示制を守っているか、ゲストハウスで違法行為がないか、タクシーが法外な料金を請求していないか確認する。
 また、外国人の利用が多い宿泊施設の周辺や主要観光地の巡回を強化し、外国人を狙った窃盗や強盗などの犯罪の予防に努める。外国人が被害に遭った場合、すぐに警察に助けを求めることができるよう、112番の緊急通報の応答に通訳サービスを準備する。 
 警察関係者は、こうしたサービスによりソウルの警察のイメージアップを図り、ソウル観光のリピーターを増やすことにつなげたいとした。
mgk1202@yna.co.kr