写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Amazonは4月26日(現地時間)、Echoファミリーの新デバイス「Echo Look」を発表した。LEDライト、カメラ、マイク、スピーカーを内蔵、Alexaに対応する。音声操作で全身を自撮りできるハンズフリーカメラであり、服選びをサポートする"スタイルアシスタント"でもある。価格は199.99ドル、招待制で制限した販売になっており、米Amazon.comにおいて招待の申し込み受け付けが始まった。

しばらく前に「Amazonがホームセキュリティカメラを開発している」という噂が報じられたが、それがEcho Lookだった。室内用のホームセキュリティカメラのように小型で、ワードローブの上に置いたり、壁に取り付けて使用する。

使い方は、カメラの前に立って「Alexa, take a picture」または「Alexa, take a video」と言うと、Echo Lookが写真またはビデオを撮影する。ライティングと深度計測を使って背景をぼかすので、たくさんの服に囲まれているような場所で撮影しても対象となる人と着ている服が目立つ写真になる。ショートビデオは、一回転して前後左右からの様々な見た目をチェックしたり、異なるポーズの確認などに役立つ。

撮影した写真やビデオは、コンパ二オンアプリであるEcho Lookアプリ(iOS、Android)でチェックする。自分が実際に周りの人から見られるような感覚で、今着ている服の見た目を確認できる。また毎日撮影することで、アプリが個人のファッション写真のコレクション(ルックブック)になる。

服の組み合わせなどで迷った時は、機械学習アルゴリズムを用いたファッションアドバイザー「Style Check」に聞くと、スタイルや色、利用者との相性、トレンドなど様々なポイントからまとめた客観的な意見を教えてくれる。Style Checkはファッション専門家のチームがアップデートするデータと、ユーザーのフィードバックの学習によってアドバイスする力を向上させていくという。また、利用者のルックブックを分析して新しいスタイルやブランドを紹介するオススメも提供する。

AlexaはEcho Lookの操作だけではなく、Echoファミリーのスマートスピーカーで使うAlexaと同じように、天気予報、ニュース、音楽再生、予定の確認など様々なリクエストに応える。StarbucksやFitbit、NPRなどサードパーティが提供するスキルの利用も可能だ。

(Yoichi Yamashita)