DREAMCATCHER、タイの王女と対面…グローバルプロジェクトを本格的にスタート!

写真拡大

ガールズグループDREAMCATCHERがタイの王女に会い、本格的な海外活動を始める。

本日(27日)、DREAMCATCHERが所属しているHappy Faceエンターテインメント側は「最近韓国を訪問したタイの王女(Her Royal Highness Mom Rajadarasri Jayankura) がDREAMCATCHERに会った。王女はDREAMCATCHERに、マカオ公演および中東地域のロイヤルファミリーが主導するプロモーション、タイの国喪期間以降の放送進出とコンサートツアー進行などを提案した」と明かした。

タイの王女はDREAMCATCHERのデビュー以来、熱狂的なファンを自称しているという。これを証明するように、SNSに関連コンテンツを継続的に掲載していた。

所属事務所の関係者は「タイの王女の愛に深く感謝する。様々な国のファンと一日でも早く会えるように最善を尽くす」と明かした。

王女はタイの君主ラマ4世のひ孫で、王室子女学校Harrow International Schoolの設立者であり、Asean Affairs Business Council(AABC) の議長でもある。