写真提供:マイナビニュース

写真拡大

手軽にWeb業務システムを自社内で開発したい。迅速なスピードが求められる現場では、要件定義を行い発注することすらアップツーデートな開発言えない場合があるだろう。グレープシティが提供する「Foguncy(フォーガンシー)」は、"方眼紙"が敷き詰められた開発環境からマス目を利用してレイアウトを作成。書式設定、数式、関数、グラフなどエクセルスキルを活かしたデータベースアプリをノンプラミングで構築できる。

アプリにしたいExcelファイルからウィザードでデータで読み取りながらプロジェクトを生成、レイアウトを継承したページを生成といった手軽ながら実用的なフローで業務に使えるデータベースアプリを構築する。データベースやWebサーバー、ワークフローなど開発ツールとともに一括で提供されるので、作りたい業務システムだけに没頭できそうだ。もちろんモバイル端末でもアプリを利用でき、内部統制に必要なアクセス制御や監査ログ機能も搭載、外部DBやJavaScriptとAPIを用いたカスタマイズなど拡張も可能になる。

同社は新バージョンとなる「Forguncy 3」を5月29日より発売。新バージョンではデータベースセキュリティや組織役割に合わせたアクセス制御、ワークフロー強化とともにAPIやデバック機能の強化、Excel業務でもっともニーズが多いというPDF帳票出力やUI/UC改善と50項目を超える新機能を搭載している。

なお同社では、6月7日から「Forguncy MeetUp」を御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンターで開催、NTTデータ先端技術やエス・ビー・エス、ヤマトシステムなど開発事例を交えたポイントが紹介される。詳細は同社公式サイトにて。

(長岡弥太郎)