@AUTOCAR

写真拡大

M760Li xDrive 「マナー無きラグジュアリー」

英国の広告基準局(ASA)および広告慣行委員会(CAP)が、BMW M760Li xDriveの広告を使用禁止とするという判断を下した。

年初にTelegraph Magazine誌に掲載された広告では、「マナー無きラグジュアリー」という見出しが問題になっている。

BMWはこの記事に、0-100km/h加速3.7秒という数値と、6.6ℓV12直噴ツインターボ・ガソリン・エンジンのスペックを添え書きしている。

ASAは、この広告についてBMWに再利用中止を要請し、「今後は、スピードや加速性能を、マーケティングのメイン・メッセージにしない旨を、確かめてきました」と話している。
 

Telegraph Magazine誌 BMWの見解

Telegraph Magazine誌は、国の速度制限超えを目的としたものではないと話している。またBMW側も「頂点を目指す者には、速さが必要」というメッセージは、単に車速の話しではなく、キャリアの成功をイメージしたものだと言っている。

関連記事:海外初試乗 BMW M760Li xDrive

0-100km/h加速3.7秒というスペックは、フェラーリFFに匹敵するもので、M760Li xDriveはBMWのラインナップでも指折りの加速性能を誇る。

BMW側は、この件に関して、1回限りのPR活動だったと説明しており、「わたくし共の広告は、関連する規則や基準に則しているか常に確認を怠りません」とコメントしている。