遠藤憲一がベビー・グルートに!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』憑依の瞬間を捉えた衝撃映像解禁

写真拡大

 「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が5月12日に公開される。この度、日本語吹替え版でベビー・グルートを演じた遠藤憲一が、ベビー・グルート役への並々ならぬ熱意と、想像絶する役作りの苦労を語る動画が解禁された。

 ガーディアンズのメンバーは銀河一凶暴な毒舌アライグマのロケット、永遠の思春期リーダー、ピーター・クイルなど超個性的なやつばかり。そんな超個性的なガーディアンズのメンバーの中でも一際目立つ存在なのが身長25cmの小さな木、ベビー・グルートだ。見た目は木の妖精のようにカワイイが、ならず者のガーディアンズ達も手を焼くほどのトラブルメーカー。そんなベビー・グルートを日本語吹替え版で深く渋みのある声色が特徴的な現在55歳の遠藤憲一が演じた。

 今回公開となった動画では、遠藤の役作りへの熱い想い、そして我々の想像を超える様々な苦労話が明かされた。ベビー・グルートを演じるには生半可な役作りではダメだと語る遠藤だが、その言葉通りベビー・グルートの役作りには血のにじむような苦難の道があった。25cmのベビーを演じる上で、まずは自身の182cmの身長をどうにかしようと、できるだけ狭いところにはいろうとして失敗。極め付けは、ベビーの子供心を学ぼうと公園で子供たちを観察するため3時間ほどじっとしていたら、不審に思ったお巡りさんから声をかけられたそうだ。ベビー・グルートを演じる為に、あわや警察沙汰か!? というところまで自分を追い込み、役作りをした遠藤は「難しかったが、いい勉強になったよ。一番難しかったのは凶暴さに可愛さを合わせる部分がすごく難しかった。でもほんとにベビーはカワイイんだ!」と収録後に語り、自分を苦しめたベビー・グルートに最後は薄っすらと愛情が芽生えかけていた。遠藤の役者人生をかけた「ボクはグルート」を劇場で体感して欲しい。

◎公開情報
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
2017年5月12日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
『GOG:R』遠藤さんベビー・グルート憑依動画:https://youtu.be/QLrczdZIvM0
(C)Marvel Studios 2017