リッキー・マーティン Photo by Gabe Ginsberg/FilmMagic

写真拡大

 米ケーブル局FXの人気ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー」最新章となるシーズン3に、プエルトリコ出身の歌手リッキー・マーティンが出演することが明らかになった。

 「glee」「アメリカン・ホラー・ストーリー」など多彩なジャンルのヒットドラマを世に放ってきた鬼才ライアン・マーフィが制作総指揮で続投するシーズン3は、モーリーン・オース著「Vulgar Favors(原題)」をもとに、連続殺人鬼アンドリュー・クナナンによる1997年の伊デザイナー、ジャンニ・ベルサーチ殺害事件を描くというもの。

 米EW.comによれば、マーティンが演じるのはジャンニの長年のパートナーとして知られるモデル/ファッションデザイナーのアントニオ・ダミーコ役で、すでに発表されているジャンニ役のエドガー・ラミレス、クナナン役のダレン・クリス、ジャンニの妹ドナテラ役のペネロペ・クルスら豪華キャストにさらなる華をそえる。

 「レ・ミゼラブル」や「エビータ」といったブロードウェイ・ミュージカルでの主演に加え、マーフィ制作総指揮による「glee」にスペイン語教師デビッド・マルティネス役でゲスト出演するなど、俳優としても活躍してきたマーティンが、実録ドラマという新たなジャンルでどのような演技を披露するのかに注目が集まる。