サムスンの最新スマホ「ギャラクシーS8」(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の李明振(イ・ミョンジン)IR(投資家向け広報)専務は27日の記者会見で、1〜3月期の携帯電話販売台数は9300万台、タブレット端末の販売台数は600万台だったと発表した。

 また、米ドル建て平均販売単価は170ドル(約1万9000円)台半ばで、携帯電話販売のうちスマートフォンが占める割合は80%半ばだったと明らかにした。
 ディスプレーの売り上げに有機ELが占める割合は60%台前半で、液晶テレビの販売台数は1000万台だった。
kimchiboxs@yna.co.kr