「座りすぎないワークスタイル」に最適な電動昇降デスク。6月下旬からガス圧式タイプも投入する

写真拡大

 サンワサプライは、ガス圧式の「上下昇降デスク」を6月下旬に発売する予定だ。幅の違いで3タイプを用意し、税別価格は、幅800mmが7万9800円、1000mmが8万1800円、1200mmが8万6800円となる予定。奥行き、高さはいずれも700mm。

 ずっと同じ姿勢ではなく、立ったり座ったりしながら仕事をするスタイルは、生産性を高めるワークスタイルとして注目されている。

 座りっぱなしも、立ちっぱなしも身体に良くなく、定期的に立つと、筋肉の活動量が増え、身体を動かさないことが原因となる、腰や背中などの身体の痛みや、日々の疲労の蓄積を軽減できるという。また、立ったまま作業をしたり、会議をしたりすることで、気分転換になって集中力が上がり、作業効率も上がるとされる。

 サンワサプライでは、天板が上下に動く電動昇降デスクを販売しているが、14〜20万円程度という価格の高さがネックだった。今回、オフィスチェアで一般的に使われている「ガス圧式」をラインアップに加えることで、より多くの企業などで導入しやすくする。(BCN・細田 立圭志)