昨年6月のビッグマイナーチェンジで、フロントマスクを中心にリフレッシュが図られたトヨタ自動車(以下トヨタ)のミニバン「エスティマ」。

自販連(日本自動車販売協会連合会)による新車販売台数ランキング30車種において、久々に30位(1,879台)に浮上しました。

7月に22位(3,087台)、8月に24位(2,586台)、9月に26位(3,019台)、10月に28位(1,914台)と推移した後、11月以降は再び上位30位の圏外となり、現在に至っています。

その背景には、2006年に登場以来、既に11年が経過していることに加え、少子化の影響や3列シートを持つSUVの台頭もあり、ビッグマイナーチェンジによる新車効果が長く続かなかったようです。

一方2011年5月に発売され、6年目を迎えた「プリウスα」についても、2014年11月のマイナーチェンジ後は2015年7月に登場した新型シエンタに押され気味で、プリウスのフルモデルチェンジ以降も次期モデルが投入される気配がありません。

そうしたなか、マガジンX誌によると、トヨタが「エスティマ」、「アイシス」、「プリウスα」を統合して、「次期エスティマ」に一本化する動きがあるようです。

トヨタは市場のトレンドがSUVに移行するなか、2020年を目処に、商品のラインナップを再構築する模様。

TNGAを採用するとみられる「次期エスティマ」についても、やや小ぶりながらもスポーティーな外観に生まれ変わるようで、同シリーズにはPHVも設定される模様。

また、今年の7月と予想される新型カムリの発売に伴い、マークXもカムリに統合されるようで、こうした車種の統廃合には、増え過ぎた車種の整理とトヨタ内での販売の食い合いを防止する狙いがあるようです。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

ハイブリッドよりPHVの方が安い!? 米国向けプリウスの価格設定の狙いとは?
https://clicccar.com/2017/04/23/465937/

トヨタ・カローラ生誕50周年!次期モデルに本格「スポーツハッチ」設定か?
https://clicccar.com/2017/04/19/464390/

トヨタの3月米国販売、SUV系が11.7万台で記録を更新!
https://clicccar.com/2017/04/17/463997/

トヨタが小型SUVベースのコンセプトモデルをワールドプレミア!
https://clicccar.com/2017/04/13/462896/

創立80周年のトヨタ、組織を大変革する背景にある「危機意識」とは?
https://clicccar.com/2017/04/13/462559/

プリウスα、アイシスが「次期エスティマ」に統合? トヨタの車種統合は伝統のモデルにも!?(http://clicccar.com/2017/04/27/467567/)