写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは25日、アルファロメオのミッドシップスポーツカー「4C」「4C スパイダー」の特別仕様車「4C 107th エディション」「4C スパイダー107th エディション」を発表した。全国のアルファロメオ正規ディーラー店舗にて、5月1日から6月30日までの期間限定で受注を行う。

「4C」はフォーミュラ1にインスパイアされた超軽量カーボンアーキテクチャーに4気筒のオールアルミニウム1,750cc直噴ターボエンジンを搭載したモデル。今回の特別仕様車は、アルファロメオが1910年6月24日にイタリア・ミラノで誕生したことを記念して発売される。

エクステリアは「4C」にカーボンルーフパネル、「4C スパイダー」にカーボンロールバーカバーを採用し、徹底して軽量化したデザインをよりスポーティに演出した。スポーツサスペンションやハイグリップ仕様のレーシングタイヤも標準装備。アクラポヴィッチ製デュアルモード付チタニウムセンターエグゾーストシステムも装備される。

インテリアは、シートカラーによりレッド、イエローまたはブラウンのステッチが施される。レザーインストルメントパネル&ドアパネル、カーボンインストルメントパネルインサート、カーボン調シフトボタンベゼルにより、スポーティな洗練されたスタイルへとアップグレードした。価格は「4C 107th エディション」「4C スパイダー107th エディション」ともに1,070万円(税込)。

(山津正明)