ヒマラヤ山中で救助された後、ネパールの首都カトマンズの病院に搬送された台湾人の梁聖岳さん(左、2017年4月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ネパール北西部の山岳地帯で26日、7週間前に遭難して行方不明になっていた台湾人の旅行者2人を救助隊が発見した。男性(21)は生存していたが、女性(19)は救助隊が到着する3日前に死亡していたことが分かった。

 梁聖岳(Liang Sheng-yueh)さんは山の急斜面にいるところを救助隊に発見された後、飛行機で搬送され、現在ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)の病院で治療を受けている。

 梁さんと恋人の劉宸君(Liu Chen-chun)さんは2人で1か月以上にわたって山の急斜面で立ち往生していた。食料も底を突いたが、梁さんは生き延びていた。しかし、劉さんは救助隊に発見されるわずか3日前に力尽きたという。

 AFPの取材に応じた救助隊の一人は「発見当時、彼は眠っていた。私たちの声を聞いて目を覚ました。生きていることにとても驚いた」と語った。

 救助隊員の話では、2人は村があることに望みをかけて川の下流に向かっていたが、滝に突き当たってしまった。元の場所まで斜面を登って戻ることもできず、救助隊に発見されるまで47日間、その場にとどまっていたという。

 救助された男性はAFPに、山の上は「非常に寒く」、眠るのも困難だったと話した。

 ネパールの雪山はトレッキングコースとして人気が高く、春がピークシーズン。毎年、約15万人がアンナプルナ(Annapurna)やエベレスト(Everest)地域の山歩きに訪れる。
【翻訳編集】AFPBB News