欠陥が発見された日産「ムラーノ」=(聯合ニュース)

写真拡大

【世宗聯合ニュース】韓国国土交通部は27日、不具合が見つかった日産自動車のディーゼル車「キャシュカイ」、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ムラーノ」と、フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディの5車種、約7000台をリコール(無料の回収・修理)すると発表した。

 韓国日産はキャシュカイ3117台とムラーノ15台をリコールする。
 キャシュカイは、右側後方のホイールプロテクターと接触するブレーキホースが損傷する恐れがあるという。ムラーノは、油圧式パワーステアリングホースを固定する部品の組み立て不良で、正常に作動しない可能性があるという。
 アウディは、「A4 40(2.0)TFSIクワトロ」など5車種、計4500台が、冷却水補助ポンプの過熱で発火の恐れがあるとしてリコール対象となった。
 また、韓国モータートレーディングが販売したヤマハ「MT09A」などオートバイ3車種、計605台もハンドル固定部品の組み立て不良でリコールする。
 問い合わせ先は韓国日産(080-010-2323)、アウディフォルクスワーゲンコリア(080-767-2834)、韓国モータートレーディング(02-878-7100)まで。
ynhrm@yna.co.kr