写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月27日公開の映画『家族はつらいよ2』の完成披露試写会が26日、東京・有楽町のピカデリーで行われ、山田洋次監督をはじめ、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優が出席した。

2013年公開の『東京家族』で一家を演じた橋爪功、妻夫木聡、蒼井優ら8人のキャストが山田洋次監督のもとに再結集して大ヒットをした昨年公開の映画『家族はつらいよ』。本作は、その続編となるもので、お馴染みとなった平田家に新たな大事件が巻き起こる、というストーリーとなっている。

完成披露試写会が行われたこの日は、欠席した中嶋朋子以外、平田家の家族を演じたキャスト陣7人と山田洋次監督が登壇して舞台あいさつ。山田監督が「去年の8月という暑い盛りにクランクインし、本当に大変な撮影でした。クランクアップまで僕が持つんだろうか、途中でダメになってしまうんじゃないかと、とても不安な気持ちで過ごした2カ月でした」と振り返るも、「10月末にクランクアップしてから半年が経ち、ようやく上映の日を迎えてとういうこの日が来たな、という思いです。この映画を全国のたくさんの方に見ていただければと思います」とアピール。本作を製作した経緯について「『東京家族』という映画でこのメンバーが家族になり、その時に『また作りたいね』と言って作ったのが第1作目。それを作り終えた時にもう1回みんなと作りたいと思ったのと同時に、良く知る俳優さんをイメージするといろんなセリフが浮かんでくるんです。回を重ねるごとに中身も良くなっていくと思えて、またこの家族を作った訳です」と説明した。

その山田監督から前作『家族はつらいよ』の撮影で厳しい指導を受けたという林家。続編となる本作でも厳しい指導があったと思いきや、「はっきり申し上げますと、監督より怖いのが蒼井優さんということが分かった気がします。悪魔に近く、人のNGを笑う、勝手に打ち上げの場を私の家に決めたりと、いろんなことがありました」と暴露する場面も。名指しされた蒼井は「あれは橋爪さんが言えって言ったんです。橋爪さんが全部黒幕なんですけどね」と明かすと、橋爪から「地獄に落ちるよ」と言われて会場は大爆笑。再び蒼井が「でも正蔵さんのお家にうかがって、お会いしたご家族から『うちの正蔵がお世話になっています』と言われ、私も『うちの正蔵が』という気分になりました。続編をやると、家族の気分になりますね」とすっかりお馴染みとなった共演者たちとは家族以上の繋がりを感じている様子だった。映画『家族はつらいよ2』は、5月27日より全国公開。