写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月12日公開の映画『スプリット』の来日記念イベントが26日、都内で行われ、本作を手掛けたM・ナイト・シャマラン監督、主演のジェームズ・マカヴォイが出席。同イベントにはお笑いコンビ・品川庄司の品川祐と庄司智春が同席したほか、高橋ひかるが登場してイベントに華を添えた。

本作は、1999年に公開されて世界中で大ヒットを記録した映画『シックス・センス』など話題作を手掛けているM・ナイト・シャマラン監督の最新作。解離性同一性障害で23人の人格を持つ男・ケヴィン(J・マカヴォイ)が3人の女子高生を誘拐する。脱出の糸口を掴みかけた3人の女子高生たちだったが、24番目の人格が生まれようとするケヴィンが立ちはだかる。

7回目の来日となるシャマラン監督は「日本の文化や映画は、自分とのコネクションを感じているところがあって学んでいるところです。自分にとって日本は特別な国で、この作品は『ヴィジット』で来日した2年前の時にアイデアが浮かびました」と明かしつつ、「この作品は自分にとって意味のあるもの。小規模で撮って世界でヒットを飛ばし、ようやく日本で公開することができました。そういう意味では皆さんに衝撃を与えられたらハッピーだと思います」と自信。一方、23人(最終的には24人)の人格を持つ難しいキャラクターを演じたマカヴォイは「今までとは異なるアプローチでとても面白かったです。私にとってこの作品に出演できたことは、私のキャリアの中でも大切なことでした」と初めて組んだシャマラン監督との仕事に満足げだった。

イベントの最後にはシャマラン監督の大ファンだという高橋ひかるが登場し、監督とマカヴォイに花束を贈呈。シャマラン監督の『アンブレイカブル』が大好きだという高橋は、既に鑑賞したという本作について「すごくドキドキして目が離せないぐらい怖かったです。カメラワークや音楽、距離感がさらに恐怖を増長させていました。予想外の展開にドキドキして、一度だけではもったいないぐらい面白かったです」と大絶賛して、シャラマン監督に「Please take me Hollywood!」と懇願。それには応じなかったシャラマン監督だったが、「間違いなく心に決めた方向性で輝ける人だと確信しました。表情もすごくピュアなモノを持っていて、意志を感じます。有名な女優さんになっても私のことを忘れないでくださいね」とメッセージを送っていた。映画『スプリット』は、5月12日より全国公開。