復帰戦を白星で飾った、マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】

写真拡大

妖精復活へ、復帰戦で示した世界女王の矜持「これからも困難を乗り越えていきたい」

 女子テニスのポルシェ・グランプリ(シュツットガルト)は26日、シングルス1回戦が行われ、ドーピング違反による1年3か月の出場停止処分が明けた元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、世界ランク36位のロベルタ・ビンチ(イタリア)に7-5、6-3でストレート勝ち。復帰戦を白星で飾った。WTA公式サイトは試合後のインタビューを掲載。かつてロシアの妖精と呼ばれた女王は「この瞬間をずっと待っていた」と感慨に浸った。

 1年3か月という長い出場停止処分を乗り越えた。コート上でインタビューに応じたシャラポワは「最高の気分です」と勝利の美酒に酔った。「少女の頃から、ここが私のステージでした。この瞬間をずっと待っていました」と喜び、「対戦相手が誰であろうと、毎試合が重要です」と語った。

 復帰を巡っては世界で賛否両論の声が上がっていたが、会見ではかつて世界ランク1位に君臨したトッププレーヤーとしての矜持を示した。

「競争相手、そしてテニス選手としての私の仕事は、タフな日であろうと楽な日であろうと、コートに出てパフォーマンスをすることです」と話した元世界女王は「チケットを買ってくれた人々が観客席にいます。そして、彼らはあなたのプレーを見るのです。だから、自分の能力を彼らに示さなければいけないのです」とコート上で役割を全うした。

会見で漏れ本音「明らかに鈍くなっていた。いくつか凡ミスもした」

 さらに、1月に今大会での復帰が決定からの日々を振り返った。

「私は1月から徹底的にトレーニングをしました。でも、異なった段階にありました。私はジムで多くの時間を過ごし、試合が2、3週間に差し迫ったところでコートに移りました」と急仕上げで調整に難しさがあったことを明かした。

「私は明らかに鈍くなっていました。いくつか凡ミスもしてしまった。多くの事柄を挙げることができます」

 こう本音も漏れたが、「でも全体的に、私は困難を切り抜けることができた。このようにして、これからも私は乗り越えていきたいと思います」と力強く誓った。

 復帰の第一歩を飾ったシャラポワ。テニスプレーヤーとして久々に味わった歓喜を力に変え、完全復活に向けて進んでいく。