ジョナサン・バンクス

写真拡大

大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』のマイク・エルマントラウト役で知られるジョナサン・バンクスが、車のオイルフィルター製品メーカー、米FRAM社の広告塔になることが明らかとなった。米Aftermarketnewsが報じている。

同社のコマーシャルで、ジョナサンは、社名をもじった"Frampa"として紹介される。この名称は、同社名とGrandpa(おじいちゃん)を掛け合わせたもの。『ブレイキング・バッド』では、マイクは何事もきちんと処理する"始末屋"として描かれているが、そのイメージから、車のオイルフィルターもきちんとケアするアドバイザー的な役になっているという。

同社のブランド・マネージャーであるブライアン・ケリーは、以下のようにコメント。「昔は、父親や叔父など、身近な年配者からオイルの変え方を教えて貰ったものです。そういった知識のある年配者は、昔から弊社のフィルターを購入されていました。ですが、最近の若い顧客は、きちんとしたフィルターを使うことがいかに大切かということを教わらないまま、安い製品を求める傾向があるのです。ですので、我々はそういう皆さんのお手伝いをする、信頼のおける指導者的な存在のキャラクターを打ち出したかったのです」

"Frampa"は、自分で車のケアをしようとする若者たちに助言する賢いおじいちゃんのような存在だという。コマーシャルでは、店で何を買うべきか戸惑う若者に、ジョナサンが強面な出で立ちと声でアドバイスをするが、その姿はまさに『ブレイキング・バッド』のマイクを彷彿させる。ジョナサンは同社の広告塔を2017年の1年間務める予定だという。

ジョナサンがレギュラーを務める『ベター・コール・ソウル』シーズン3は、Netflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)