この春トレンドのファッションアイテムの一つに白いスニーカーがあります。見た目のさわやかな印象、清潔な印象も人気を集める理由です。しかし白いスニーカーは汚れが目立ちやすいのが難点。おろしたての白いスニーカーを履いた当日に、すぐに汚れてしまうとがっかりしますよね。汚れに弱い白いスニーカーですが、実は日頃のちょっとしたケアで汚れから守ってあげることができます。ここでは白いスニーカーを汚れから守る方法についてご紹介。

定番は「防水スプレー」でバリアする方法

まずは定番中の定番の汚れ防止方法ですが、靴の「防水スプレー」を利用する方法。靴屋さんだけでなく、100円ショップやドラッグストアなど身近なところで購入できますので、ぜひ1本用意しておくと良いでしょう。防水スプレーは水濡れ対策だけでなく、靴に汚れがつくのも防いでくれます。ただし防水スプレーは性質上、一定の時間が経過すると効力がなくなります。そのため最低でも一ヶ月以内、余裕があれば1〜2週間に1回程度、なるべくこまめに防水スプレーを靴に満遍なく塗布しておく必要があります。

「ローソク」でもコーティングできちゃう

靴のケアにはまるで関係のなさそうな印象の「ローソク」。実は靴の汚れ防止には有効なアイテムとして知られています。ローソクは表面がつるつるしており、汚れや水分を寄せ付けないのです。防水スプレーと似ていますね。ローソクのこの性質を利用して、白スニーカーにローソクをこすり付けるかたちで塗布すると、ロウがコーティングされ、汚れが付着しにくくなります。防水スプレーと同様、水汚れにも強いのでおすすめです。

実はヒット商品!ソール用「消しゴム」できれいを保つ

靴の汚れといえば靴の上部を指す、アッパー部分だけが認識されがちですが、意外と底のゴム部分であるソールも汚れます。布地と違い汚れがしみこみにくい部分ではありますが、長い間放っておくと汚れが定着してしまうこともあります。そんなソール部分の汚れに関しては、「消しゴム」できれいにしておくことをおすすめします。ソール部分の軽い汚れであれば、消しゴムでこするだけで落とすことができます。最近は専用の消しゴムも販売されていて、隠れたヒット商品になっているようです。ソールの部分がきれいなだけで、白いスニーカーの清潔感がアップします。さらにこれら方法と併せて、必ず靴洗いも適度な頻度で行うようにすればいつでも爽やかに白いスニーカーを楽しめます。


writer:サプリ編集部