24日、台湾メディア・自由時報は、台湾に嫁いだある日本人女性が語る、どうしても適応できないカルチャーショックを紹介する記事を掲載した。写真は台湾。

写真拡大

2017年4月24日、台湾メディア・自由時報は、台湾に嫁いだある日本人女性が語る、どうしても適応できないカルチャーショックを紹介する記事を掲載した。

母親が日本人だという台湾のネットユーザーが24日にFacebook上で「台湾の男子は日本人女性に良いイメージを持っているけど、日本の女性たちは時として不快に思う。台湾に嫁いできた母親は、結婚後に強烈なカルチャーショックを覚えたらしいわ」とし、母親が適応できないと語った大きな五つの問題を挙げた。

まずは、割り勘の風習がないこと。このユーザーは「母は割り勘は普通のことであり、マナーであるとも考えている。しかし、台湾の男はおごるのが好き。お金があまりなくてもおごってしまうことが母親には理解できない。だから兄にはいつも『女の子に好かれるためにおごったりしないように』と教育している」と報告している。

二つ目は、結婚後の妻の地位が低いこと。時として家政婦より地位が低く感じることがあり、母親は「次があっても絶対に台湾には嫁に来ない」と嘆いているそうだ。

三つ目はしゅうとめの問題だ。「日本ではしゅうとめにあれやれこれやれと要求されても自分のやり方ででき、夫も実家を離れて新たな家庭を作ろうと努力するが、台湾の男性は年配者の意見に従うばかりで妻の側には立ってくれない」という。

四つ目は台湾人が常に「相手のもののほうが良い」という考えを持っていること。嫉妬癖とでも言おうか。そして最後に挙げたのは、礼節の問題だ。「台湾の人は実はとても礼節を重んじている。だが、口に出して言わない」とのことだ。(翻訳・編集/川尻)