前回開催でのアートコンペ グランプリ受賞作品
「意識の表象」後藤宙氏

2017年4月27日(木)、東京ミッドタウンが主催する「Tokyo Midtown Award 2017」で、第10回「アートコンペ」部門の応募受付が開始された。才能あるアーティストとの出会いや応援を目的とした公募企画で、書類を提出する時点で39歳以下であることが応募資格(グループ応募の場合はメンバー全員が条件を満たすこと)。東京ミッドタウンという場所を生かしたサイト・スペシフィックな作品が募集されており、テーマは応募者が自由に設定できる。第10回「アートコンペ」部門では、最終的に全6点の入賞作品が選出され、東京ミッドタウン内プラザ B1F(東京都港区赤坂9-7-1)に展示される。応募の受け付けは、2017年5月18日(木)まで。まずは応募書類のみの提出(事前登録も必要)で、5月18日(木)の段階では作品そのものの提出は必要ない。1次審査を通過した場合には、7月2日(日)にプレゼンテーションと模型による2次審査、7月5日(水)に現地オリエンテーション、9月25日(月)〜9月27日(水)に展示設営(予定)が行われ、10月1日(日)に実物による最終審査を実施。授賞式と記念パーティーは10月13日(金)、展示撤収期間は11月5日(日)の深夜から11月6日(月)の早朝で、応募者は1次審査に通過した場合に上記の日程に東京ミッドタウンへ来館できることが必要だ。なお、賞金や副賞のトロフィーのほかに、入選者には1人(1グループ)につき制作補助金として100万円が支給される。作品の規定サイズは展示場所ごとに異なり、展示場所のサイズは200(幅)×250(高さ)×200(奥行)cm以内もしくは400(幅)×318(高さ)×70(奥行)cm以内(天井から50cmは空けること)。床耐荷重は500kg / 平方メートル、電気容量は1区画につき100V15Aまでとされている。展示用の備え付けの照明は用意されていないため、必要な場合は作家側での準備が必要。入賞作品の展示期間は、10月13日(金)〜11月5日(日)が予定されている。なお、「Tokyo Midtown Award 2017」では、今回の「アートコンペ」部門のほかに「デザインコンペ」部門も用意。「デザインコンペ」部門は、2017年6月23日(金)〜7月24日(月)の期間で応募受付が実施される。■応募締切(書類受付):
2017年5月18日(木)必着

■応募資格:
応募書類提出時点で39歳以下
※1次審査に通過した場合に2次審査 / 現地オリエンテーション / 展示設営 / 最終審査 / 授賞式・記念パーティー / 展示撤収の日程に東京ミッドタウンへ来館できることが必要

■賞:
グランプリ(100万円 / トロフィー / University of Hawai’iのアートプログラムに招聘)
ほか

■問い合わせ先:
Tokyo Midtown Award 2017 アートコンペ事務局
url. http://www.tokyo-midtown.com/jp/award/
▷こちらもおすすめ
アートとデザインのコンペ「Tokyo Midtown Award 2016」の受賞作品が東京ミッドタウンに展示