マドンナ、自身の伝記映画製作を非難

写真拡大

マドンナが、自身の伝記映画の製作が進んでいることを非難した。

マドンナがスターダムを駆け上がるまでを描いた新作映画が、ユニバーサルによって製作されることが先日明らかになったが、マドンナは自身の人生を他人が語る権利はないと批判している。

若かりし頃の自身の写真とともに、「私が知っていることや目にしてきたことを知る人は誰もいないわ。私だけが私のストーリーを伝えられるの。そんなことを試みる他人はペテン師か愚か者でしかない。自分では何もしないで、すぐにおこぼれをもらおうとしているの。これは私たちの社会における病気だわ」と、インスタグラムに投稿した。

先日の報道によると、マドンナが1作目のアルバムを制作するまでの軌跡や、1980年代の活動初期の頃の苦難に満ちた日々を綴ったエリース・ホランダーによる脚本「ブロンド・アンビション」の権利をユニバーサルが獲得したとされていた。この脚本は映画化がまだ決定していない優秀な脚本を選ぶ、ブラックリスト賞の2016年度作品に選ばれている。

しかし、1983年にデビューアルバムをリリースしたマドンナがその製作に乗り気でないと見られることから、劇中にマドンナの楽曲を使用することは難しくなる可能性がありそうだ。