iPhone 8は専用の台に置くだけで充電できる、ワイヤレス充電に対応すると噂されています。

今回公開されたiPhone 8の構造を示していると思われる図面でも、そのことを示唆する部分が見つかりました。

こちらもご覧ください。
iPhone 8の噂まとめ【4月版】

iPhone 8は背面にワイヤレス充電用コイルを搭載か

@OnLeaks氏が公開した、iPhone 8の構造を示していると思われる図面には、iPhone 8の背面にワイヤレス充電に使われるコイルを収めると考えられる部分が記されています。

Appleロゴの下にある、アプリのアイコンのような形をしている図形です。

たとえばワイヤレス充電の規格の1つである『Qi』では、対応する充電台とスマートフォンの両方にこのような形のコイルを搭載しています。

@OnLeaks氏は、この図面が本物なのか偽物なのかは確認できていない、としていますが、特徴はこれまでに報じられているiPhone 8に似ています。
→ iPhone 8の試作モデルが工場から流出、金属フレームが特徴

ただ、iPhone 8のデザインはまだ最終決定に至っておらず、試作機の中にはTouch IDを背面に搭載したタイプも存在すると言われています。
→ ◯◯製iPhone 8の図面が流出、試作機の1つか

参考

Alleged iPhone 8 Schematic Depicts Dual-Lens Vertical Rear Camera, Hints at Wireless Charging - Mac Rumors@OnLeaks - Twitter