25日、米華字メディア・僑報はセクシーすぎる服で米国に入国しようとした中国人女性が入国拒否の処分を受けたと報じた。性風俗で働くための米国訪問ではないかと疑われたという。資料写真。

写真拡大

2017年4月25日、米華字メディア・僑報はセクシーすぎる服で米国に入国しようとした中国人女性が入国拒否の処分を受けたと報じた。

上海で雑誌モデルや女優として活動している鐘さん(22歳)が7日、米ニューヨークの空港に到着した。友人からネットショップのモデルになって欲しいと頼まれたため、初めての米国旅行となった。

ところが空港の入管で事件が起きた。職業を聞かれてモデルだと回答すると別室につれていかれ、細かくチェックされたのだ。その場にいた中国語通訳に聞くと、あまりにセクシーな格好をしているため、性風俗で働くための米国訪問ではないかと疑われているのだという。

鐘さんは友人のネットショップのモデルになるためだと必死に説明したが、今度は「(観光ビザなのに)仕事をするのか」と別の問題を抱えることに。仕事ではなく友人の手伝いで報酬もないと説明したが理解されず、あえなく入国拒否の処分を受けた。

鐘さんのような事例はしばしばあることだという。米国の弁護士は入管は独身女性に対する検査を強化しているため、露出が多いセクシーな服は避けるようにと忠告している。(翻訳・編集/増田聡太郎)