今秋の発売が噂される「iPhone Edition」の、ホワイトモデルを描いた新作コンセプト動画が公開されました。真っ白なボディカラー、ディスプレイに埋め込まれたTouch IDセンサーが印象的です。

純白ボディが鮮やかな「iPhone Edition」

初代iPhoneから10周年に当たる今年は、「iPhone Edition」あるいは「iPhone8」と噂される記念モデルが発売されると噂されています。
 
これまでも多くのiPhoneなどのコンセプト動画を公開してきたYouTubeチャンネルのConceptsiPhoneが、真っ白なボディの「iPhone Edition」の動画を公開しているのでご紹介します。

デュアルカメラのレンズは横並び、画面埋め込みのTouch ID

本体背面のデュアルカメラのレンズは、最近流出した図面にも描かれている縦並びではなく、現行のiPhone7 Plusと同様の横並びとなっています。また、Touch IDセンサーは本体背面には配置されず、ディスプレイに埋め込まれてスッキリしたデザインです。
 

 
本体前面はディスプレイが覆っており、Touch IDセンサーが埋め込まれています。画面最下段は、よく使うアプリを入れられるドックに割り当てられています。
 

 
ディスプレイ上部中央には、レシーバー用と思われる穴が開いています。
 

 
映像の冒頭には、金属フレームのメタリックな輝きがクールな、ブラックモデルも描かれています。
 

 
「iPhone Edition」の映像は、こちらでご覧ください。
 

 
 
Source:ConceptsiPhone
(hato)