若いころはお金はなかったけれども、自由になる時間はたくさんありました。そして大人になると、自由に使える時間は少なくなるものの、ちょっとまとまったお金を用意できるようになったりもします。若いころには夢のまた夢だったようなぜいたくも、大人の稼ぎ力をもってすれば現実にすることも可能なわけです。
さて、今どきのオトナ女子はどのようなご褒美を自分のために用意しているというのでしょうか?

(1) エステ・スパ

フェイシャルエステやヘッドスパなどは、大人とはいえ普段ではなかなか手が出せません。まさに、ご褒美だからこそ許されるぜいたくな時間だということでしょうね!

(2) ひとり旅

誰か友だちと予定を合わせて行く旅行ももちろん楽しいものですが、ひとりでふらっと出かける旅行もまた乙なものです。他人のことを気にせず、自分ひとりで気兼ねなく観光を楽しむというのもアリですが、それよりも温泉やリゾート地などの、比較的ゆっくり過ごせる場所を選ぶ人も多いようです。

(3) ハイブランドのジュエリー

いつもなら、ただショーウィンドウを眺めているだけで終わるハイブランドのジュエリーショップ。ただ、ご褒美となれば話は別です!
ディスプレイを見ながら、どれにしようかと悩んでいるときに「大人になったんだなあ〜」なんて、あらためて実感することも。

(4) はやりの美容家電

フェイシャルミストや超音波振動の美顔器、脂肪へアプローチできるセルフエステマシン、頭皮クレンジングができるマシン……今はさまざまな美容家電が販売されていますよね。流行に敏感なGoogirl読者の皆さまも、「自分へのご褒美として買おう!」と狙いを定めている美容家電のひとつやふたつ(いや、それ以上?)あるのではありませんか?

(5) 高級スイーツ

甘いもの好きとしては、やはりご褒美にスイーツは欠かせません。コンビニスイーツなどではなく、普段は“おつかいもの”としてしか利用したことのないようなスイーツショップに、自分のためのスイーツを買いに足を運ぶ――。それだけでも、なかなかの優越感と満足感が味わえたりします。

(6) 普段よりリッチなレストランで女子会

ご褒美といえばぜいたくな食事と、大好きな友だちとのおしゃべりタイム。それを叶えるには、普段よりもリッチなレストランを予約して女子会を開催するしかありませんよね。実は大好きな友だちと女子会をしているときこそが、ほかのどんなご褒美にも勝る至福のときだと感じている人も少なくないのでは?

リッチなご褒美がたくさん出てきましたね。毎日の忙しさに疲れてしまったら(明日からの活力を得るためにも)自分を甘やかすことも大切です。しかし、オーバーワーク気味の女性たちが多いということなのかもしれませんね。恋に仕事に、日々奮闘し続けるオトナ女子の皆さま! ムリをしすぎて身体を壊さないように気をつけつつ、毎日張り切って頑張りましょう!