ボーズから皆で楽しく使える コンパクトなBluetoothスピーカー

写真拡大 (全2枚)

 音響システムのボーズがポータブルBluetoothスピーカーSoundLink Revolve(2万5,000円・税別)とSoundLink Revolve+(3万5,000円・税別)を4月28日(金)に発売する。

 スマートな円柱形のボディーからは周囲360度方向に音を放射する仕組みで、部屋の真ん中に置けばすみずみまで音を届け、壁際に置けば反射を利用した広がり豊かなサウンドが楽しめるという。

 ポータブルで、しかも防滴仕様なので少々の雨なら気にせずアウトドアで使えるし、キッチンや洗面台の側だってOKだ。大容量の内蔵充電池で連続12(16)時間の再生ができ

 さらに専用アプリが用意されていて、スマホが本機と接続するのを簡単にしたり、さまざまな設定が行える。通話を聞きやすく、話しやすいスピーカーフォン対応、SiriやGoogleの音声入力もできる。Revolveと同+の違いは、サイズとパワーの違い。またRevoleve+にはキャリングハンドルも付けられている。サイズ・重量は幅82(105)×高さ152(184)×奥行82(105)mm・0.67(0.91)kg。 ※()はSoundLink Revolve+。