今秋発売見込みのiPhone8のものとされる概略設計図がネット上に流出しました。
 
中国SNS「Weibo」を情報源とする画像が、情報リークで有名なOnLeaks、KK Leaks、Benjamin Geskinを含む複数のツイッター上で公開されています。

真偽は不明だが

この図が本物かどうかは不明ですが、こうして流れた情報のなかに、のちに正しかったと判明するものも含まれているのでご紹介します。
 
今回公開されたのは、有機EL(OLED)を搭載するiPhone8の内部設計図と思われ、これまで流れた噂や図と一致する部分が複数あります。
 
たとえばリアカメラのデュアルレンズは縦に並んでおり、2つのレンズの間にはさまれる形でLEDフラッシュが配置されています。中央のやや四角に近い円形は、ワイヤレス充電機能を示しているように見えます。

背面のTouch IDは確認できず

ただしこの図には、背面に移動するとの噂もあるTouch IDボタンは含まれていないようです。するとこのデザインでは、ディスプレイにTouch IDが埋め込まれているのでしょうか。
 
これまでに複数の異なる設計図や、相反する機能の噂が流れていますが、これはAppleが複数のプロトタイプを開発しているためかも知れません。
 


 
 
Source:MacRumors
(lunatic)