開幕から好調の前橋育英(写真)は3節で流経大柏を撃破。川崎U-18とともに無敗をキープしている。写真:安藤隆人

写真拡大 (全2枚)

「レベルは本当に高いと思う」
 
 前橋育英の山田耕介監督がどう語ったように、いまやプリンスリーグ関東はプレミアリーグに匹敵するほど、クオリティーが高い。
【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち
 
 今年のプリンスリーグ関東の参加チームは、錚々たる顔ぶれだ。流経大柏、桐光学園、三菱養和SCユース、横浜FCユース、東京ヴェルディユース、川崎フロンターレU-18、山梨学院、前橋育英、ジェフ千葉U-18、鹿島学園の10チーム。高校サッカーとJクラブユースの強豪、そして街クラブの雄が熾烈な争いを繰り広げる、かなり過酷なリーグだ。
 
 このなかから、優勝候補筆頭を挙げるのは難しい。いずれも実力と将来性あるタレントを有しており、それが証拠に、第3節までを消化した現時点で全勝チームはひとつもなく、全敗チームもひとつもない。
 
 首位を走るのは川崎U-18と前橋育英の無敗の2チーム。川崎U-18は2年生エースの宮代大聖が軸となり、高い攻撃力を有する。前橋育英は昨年の選手権準優勝メンバーの多くが残り、全国的に見てもトップレベルの力を持つ。
 
 第2節までFW飯島陸とDF渡邊泰基というふたりの主軸が、日本高校選抜のヨーロッパ遠征で不在という状況だった。それでも勝点4を稼ぎ、両名が復帰した第3節の流経大柏戦では、圧倒的な力を見せて3-0の快勝。間違いなく今年のプリンスリーグ関東を牽引する存在だ。
 
 目下3位につける三菱養和は、プロのスカウト陣が早くも争奪戦を繰り広げつつある2年生エースストライカー、中村敬斗が、眩い輝きを放っている。3試合で三菱養和が挙げた全4ゴールすべてを中村が叩き出しており、加えて、開幕から連発中。驚異の2年生をどこが止めるのか。今リーグの注目点のひとつだ。
 
 三菱養和と東京Vユース、流経大柏、山梨学院の勝点は同じ4。このなかで、さまざまなトライをしている最中なのが流経大柏だ。
 
 長らくプレミアリーグEASTに所属をしていたが、昨季に初めて降格の屈辱を味わった。今年のチームはDF関川郁万、MF熊澤和希と2年生に逸材を擁するが、毎節のようにスタメンが変わり、激しい競争を煽りながら選手を育てるスタイルに変わりはない。第3節の前橋育英戦はオール3年生で臨むなど、いまはまだ試行錯誤の時期であり、これからチーム力を上げていき、脅威の度合いを増していくだろう。
 
 横浜FCユースと桐光学園は苦戦を強いられている。
 
 桐光学園はMF田中雄大、倉持快、DF望月駿介と昨年のメンバーが軸となり、DF内田拓寿やMF阿部龍聖と言った2年生が台頭してきているだけに、巻き返す力は十分にある。なかでも1年生ながら背番号10を任されるMF西川潤の存在は魅力的。U-15、U-16日本代表のふたつの海外遠征に参加したため、4月はまるまる桐光学園での試合に出場できなかったが、チームにとってはプラス材料だろう。期待のスーパールーキーが海外遠征で経験を積んで帰還し、どんな化学変化を引き起こすのか。今後の注目のポイントだ。
 
 千葉U-18と鹿島学園の昇格組は、現時点で7位、10位と出遅れている。千葉U-18は3戦連続引き分けと勝ち切れないが、今年のチームは、攻守において粘りがある。鹿島学園は昨年の絶対的エース・上田綺世(法政大へ進学)ら多くの主力が抜けたが、2年生FWの金原朝陽ら新たなメンバーが経験を積みながらどこまで成長できるか。未知数なだけに楽しみである。
 
 全国で繰り広げられるプリンスリーグの中で、ここ関東ほど、争いが熾烈なリーグはないだろう。ハイレベルかつ見所満載。はたしてどのチームがこの群雄割拠を制し、プレミアリーグへと羽ばたいていくのか。そして、どのチームが都県リーグへの降格の憂き目に遭うのか。まったく読めない。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)