両足からゴールを演出した浦和のMF柏木陽介。この日はボランチで先発しフル出場した。写真:サッカーダイジェスト写真部

写真拡大 (全3枚)

[ACL GS第5節]
浦和レッズ 6-1 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
4月26日/埼玉スタジアム
 
 
 柏木陽介の精度の高い1本1本のキックがウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)にことごとくダメージを与えていった。そして痺れる3本のロングパスがゴールに結び付いた。
 
 主導権を握るなかで迎えた14分、相手の裏にできたスペースを突く武藤雄樹のフリーランの動き出しに、敏感に反応した浦和の背番号10が鋭いロングパスを放つ。柏木によると、「風でちょっと流れた。本当は武藤に1対1に持ち込む形にしたかった」そうだが、WSWのDF陣はそのふたりのコンビネーションのスピードについて行けない。敵陣の間を突き抜けてパスを受けた武藤が「相手がふたり付いてきていたので、関根がフリーだと分かった」と折り返し、その狙いどおりに関根のゴールが生まれた。
 
 この1本のパスがWSWに与えたダメージは計り知れなかった。それまで積極的に掛けていたプレッシングが単調になり、個々の意図が統率されなくなる。ホームチームはそんな相手の不安定な状態と心理を見逃さず攻め立て、ズラタン、李忠成と続き、前半だけで3ゴールを決める一方的な展開に持ち込んだ。
 
 後半は相手ペースで進む時間帯もあり、楠神順平に1点を返されてしまった。ただ、そんな悪い流れを断ち切るように、71分、柏木からのロングフィードを受けたラファエル・シルバが、李とのコンビネーションから試合を決定づける4点目を叩き込んだ。
 
 さらに80分、司令塔が再び強烈な輝きを放つ。「ラファのスピードを考えて、右足から上手く蹴れた」というタイミングに合わせた利き足とは逆足からのキックで、この日2発目のラファエル弾をアシストした。
 
「前半はとても良かった。パスゲームをしているようにつなげた」
 
 そう振り返った柏木だが、一方で課題も感じたと言う。
 
「後半は相手がプレッシャーのかけ方を変えてきたり、ウチもメンバーが代わってしっくり行かなかったりする時間もあり、ちょっとだれすぎた」
 
 今季の浦和は昨季以上に、一段と攻撃にフォーカスを当てている。ただし、「もうちょっと守備をハメて、(全体のバランスが)しっかりとした上で(前線が)点を取ってくれれば」と、さらに一段階高いチームの理想形を語った。
 
 相手に主導権を与える時間があり、そこで失点してしまった。この日、柏木は連戦を考慮してベンチからも外れた阿部勇樹に代わってキャプテンマークを巻いた。だからこそ、その守備面に”悔しさ”を感じていたのだ。
 
「攻撃は良いコンビネーションから崩せた。良い距離間を保ってプレーできていた」
 
 しかし--柏木は次のようにも言っていた。
 
「少し緩んでしまい、締めきれなかった。キャプテンマークを着けていたし、責任を感じています。(後半途中)俺が前へ行きすぎた。もっとつなぎに加わったほうが、チームにとっても良かったかもしれない」
 
 6-1の勝利を収め、グループステージ突破を決めた。それでも司令塔は「(決勝トーナメント進出は)当たり前。もっと良くなると思っている。他のチームだったらやられていた。そこらへんは反省したい」と、一段と気を引き締めていた。
 
 浦和は5月10日のFCソウル戦で、グループ1位突破を懸けて戦う。2位であれば昨季中国リーグ2位の江蘇との対戦が決まっていて、1位通過であれば韓国の済州、オーストラリアのアデレード、もしくは、わずかの可能性だが…G大阪との対戦となる。
 
 グループステージ突破は当然だ--。そうあっさり言った柏木は一切笑みを浮かべず、内容には満足していなかった。むしろ、だからこそ、まだまだ伸びるという感触を掴んでいた。 

「個人的にはグループ1位でも、2位でも関係ない。いつかは当たるわけだから。江蘇とはキャンプでも対戦しているし、今やっておいてもいいかもしれない。大幅にメンバーを変えなければ、誰が出ても戦えるところは強み。もっと良くなっていける。選手間の良い距離感を掴み、J1のクラブにも通じるように、メリハリをつけてやっていきたい」
 
 公式戦6連勝。それでも浦和の太陽は浮かれず、勝ったからこそ、改めてしっかり兜の緒を締めていた。4月30日、リーグ戦で大宮とのさいたまダービーを迎える。
 
【浦和 6-1 WSW PHOTO】圧巻ゴールショー。2007年以来のアジア制覇だ!
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)