[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

排尿のタイミングを通知する排泄予知ウェアラブル「DFree」

食べたら出す、それは生きていく上でごく当たり前のことだ。しかし、すべての人が満足な排泄ができているわけではない。たとえば、トイレに行くまでに準備が必要な車いす生活の人はもちろん、尿意や便意を感じにくいお年寄りなど排泄に悩みを抱えている人はゴマンといるのだ。

そんな中、先日、まずは介護施設を対象にサービスを開始した排泄予知ウェアラブル「DFree(ディーフリー)」をご存知だろうか? DFreeとは、便や尿が出るタイミングを予測してユーザーに知らせる、まったく新しいウェアラブルデバイスだ。

左)下腹部に装着するセンサー部、(右)Bluetooth搭載のバッテリー


マッチ箱ほどの大きさで重さは70グラムと、とてもコンパクトなDFree本体。基本的な使用方法は、本体の超音波センサー部分を下腹部に装着し、バッテリーをズボンや上着にセットするだけ。すると、人体に影響のない超音波によって取得した体内の情報をBluetooth経由で専用のアプリに送り「何分後に排泄があるか」を分析する、という仕組みだ。

現在は、膀胱のふくらみ具合によって尿の量をパーセント表示して一定量に達したとき、ユーザー本人や介護担当者のスマホにバイブレーションなどで通知する排尿予測サービスを行っている。

「自分で尿意を感じてトイレで用を足せる人に『何分後』と余裕を持って知らせるだけでなく、尿意をうまく介助者に伝えられなかったり、トイレに行くまでに時間がかかったりする人にも使ってもらえる端末です」

そう語るのは、DFreeの研究・開発を含む事業を営むベンチャー企業トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社、代表取締役の中西敦士氏。

わかりやすいアイコンで、ユーザーの膀胱内の尿量が表示されている


同社では、DFreeの実用化に向け、2年ほど各地の介護施設で実証実験を行っていた。さまざまな介護施設との交流を通じて、介護現場が抱える“排泄ケア”の問題を目の当たりにしたという。

「深夜でも10分に1回くらいの間隔で入所者からの呼び出しブザーが鳴っていました。そんなときに、1人の入所者が失禁してしまえば、体を拭いて服を着替えさせて、シーツ替えで、10〜20分間その人につきっきりになってしまいます。その間、ほかの入所者からも呼び出されて、とてもすべてに対応しきれない状態でした」

多岐にわたる介護業務のなかで、排泄介助やおむつ、尿パット替えなど、1日のうち3時間前後が排泄に関わる仕事だという。また、入所者に自力排泄を促すために、定時にトイレに連れていくトイレ誘導は、誘導しても排泄できない、いわゆる空振りをすることが多い。トイレ誘導の空振りが続くと、介護者はおむつ交換に切り替えて、入所者を寝たきりにしまうケースもあるそう。

「しかし、DFreeを使うことで個人の排泄までにかかる時間がわかり、おむつに漏らす前に自力での排泄を促すことができます。さらに、それぞれの排泄タイミングが把握できれば、介護士の業務効率は確実に上がり、それまで排泄介助にあてていた時間をリハビリやレクリエーション等の時間に生かすことができるはずです」

また、高齢者の排泄への不安を和らげることで、彼らのQOL(生活の質)の向上にも一役買っているという。そもそも、自立支援を目的とする介護施設において、おむつの使用は「最終手段」。寝たきりで、おむつに頼ることは、望ましくないのだ。

「おむつをしていると、それだけでその人のQOLは下がってしまいます。できれば、おむつをせずに、トイレで排泄できるようにしていくのが理想なんです」

DFreeの「D」は、おむつを意味する英語「Diaper」に由来し、「Free」は自由、とらわれない、解放を指す。その名の通り、DFreeはおむつからの自由になることを意味しているのだ。

中西氏に起きた“悲劇”が生んだDFree

経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネス2017」グランプリ獲得といった国内だけではなく、オランダのスタートアップ支援イベント「Get The Ring」(2016)の日本大会優勝など、国内外から注目を集めるDFree。世界中の排泄事情を変えるほど、革新的なデバイス誕生の裏には、中西氏の身に起きたある“悲劇”が深く関わっている。

「もし、これまでの人生の転機は何かと問われたら、間違いなく2013年9月のバークレーでの悲劇を答えます。僕は、留学中のアメリカで、うんこを漏らしてしまったんです」

当時29歳だった中西氏が、ビジネスを学ぶためにアメリカのカリフォルニア大学バークレー校(通称UCバークレー)に留学していた時期の出来事だったという。大学の夏休みに、引越しをするために一人で荷物を運んでいる最中、急激な便意に襲われたのだ。そして、長い攻防もむなしく、中西氏の「堤防は大決壊」してしまったという。

「物心がついてから、うんこを漏らすという体験はかなり強烈です。漏らした経験がある人ならわかってくれると思うのですが、一度外で漏らしてしまうと、それがトラウマになって外出するのが怖くなるんですよね。実際、僕はこの大事件の後、しばらく外出を控えて家に引きこもりがちになりました」

この一件以来、中西氏は「同じ悲劇を繰り返さないですむ方法」を模索し続けた。「うんこが体外に出る時に自動的にラップされて出てくる仕組みは作れないか」「うんこの臭いを消すことはできないか」など、熟考に熟考を重ねる日々。

「現実的にやれそうなことを考えぬいた結果、『何分後に出るのか』を予知することはできるんじゃないか、そんな装置を開発すれば、出るまでの時間にトイレを探すことができる。そうすれば、もう漏らすことはないんじゃないか、と考えたんです」

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社代表取締役・中西敦士氏


もともと、起業を志していた中西氏は「排泄の悩みを解消することは、社会的に大きな意義のある仕事だ。これを自分の一生の仕事にできないだろうか」という想いを抱き、会社設立とDFreeの開発に踏み出した。

しかし“想い”を形にすることは、一筋縄ではいかない。有償サービスが始まった今も、研究・開発は続いているという。排泄予知という未開の分野に挑むには、前例もなければデータもないため「すべて大変。簡単なことは何一つないです。その反面、DFreeの秘めている可能性はどんどん広がっています」と、中西氏は語る。未知の分野だからこそ、可能性は無限大なのだ。

最後に今後の展望を聞くと、2020年をめどに高齢者だけでなく子供から大人まで一般の人も含めた1,000万人にDFreeを届けるのが目標だという。

「これからはDFreeの開発で得た超音波の技術を使って、排便はもちろん、それ以外の生体データの『見える化』を進めていきます。たとえば『いつ生理がくるか』『老化はどれくらいのスピードで進むのか』などを測ることで、健康寿命を知らせるところまで持って行きたいですね」

一人の男性の人生を変えた出来事が、世界中の人々の生活を変える。その歴史的瞬間は、すぐそこまで来ているのかもしれない。

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社
http://dfree.biz/
 

筆者:Kayo Majima (Seidansha)