【詳細】他の写真はこちら

音楽界きってのガジェットマニアと称される☆Taku Takahashiが、アップルの話題をディープに語る連載。今回はひさしぶりの新製品ニュースについて、ミュージシャン視点で語ります。

──さて、今回は一部で話題になっている『Mac Pro』(☆1)のリニューアルの話から。2013年末の発売以来の更新となりますが、結局、マイナーチェンジすらされることなく、次世代モデルに移行するという異例の公式アナウンスがありました。しかも発売は来年だそうで……(苦笑)。

「『Mac Pro』が歩んでいる道は、かつての『PowerMac G4 Cube』(☆2)と似ちゃってます。本当に美しいマシンでしたが、プロ向けデスクトップに求められているのはそこではなかった。追求すべきだったのはスペックと拡張性。アップルは今、画期的な構造の新ボディを開発中だそうですが、個人的にはもう『PowerMac G5』に逆戻りさせるだけで良いように感じています。その代わり2年もかけずにサッと出してほしい」

──奇抜なデザインは不要ですか?

「見た目にこだわるのは当然なんですが、ディスプレイのデザインをがんばっていれば本体をそこまで奇抜にしなくてもいいのでは。本来、本体は机の下に置かれることが多い気がします」

☆1 MacPro



現行『Mac Pro』は黒くコンパクトな筒状ボディが話題になったものの、先鋭的すぎる構造が仇となり、機能向上が停滞する結果に。今年4月、アップル上級副社長フィル・シラーが現行モデルと全く異なる後継機を開発中であると明かした。

☆2 Power Mac G4 Cube



2000年発売。美しいデザインや、本体中央に空気を流す冷却機構など、現行『Mac Pro』との多くの共通点が指摘されていたが、短命というところまで似てしまった(ボディの亀裂発生など、多くの問題に悩まされ、約1年で販売終了)。

──そういえば『Mac Pro』は☆Takuさんのスタジオにも導入されていましたよね。現状はどのように使われているんですか?

「実は僕個人はもうほとんど使っていないんです。昨年末に購入した『MacBook Pro』が充分なスペックを持っているため、ほとんどの作業をこれで済ませるようになってしまいました。僕の周りのクリエイター、特に移動の多い海外のDJたちにもそういう人が増えています」

──たしかに、今どきのノートPCはデスクトップ機並みのハイスペックになっていますからね。

「移動中でも、イベント会場でも、スタジオと同じ環境で作業できるのは快適です。データを同期させる面倒もないなど、まさに夢の環境。PCで作曲するようになってからずっと願ってきたことがやっと実現しました」

──そうすると、もう、今さら『Mac Pro』なんていらないのかもしれませんね……。

「音楽はそうかもしれませんが、動画や3DCGのクリエイターにはまだまだマシンパワーが必要。Windowsマシン並みにハイスペックでローコストなマシンが求められています」

──それが再来年になってしまうのは残念ですが……期待しましょう! さて、新製品と言えば、赤い『iPhone 7』(☆3)が出ましたね!

「実物を見てきましたが、ソリッドでとてもかっこいいと思いました。前面カラーがブラックだったらもっと僕好みだったのですが、(PRODUCT)REDの取り組みであることを考えれば白のほうが自然でしょう。でも、勢いで黒バージョンも出してほしい(笑)」

☆3 赤いiPhone 7



製品売上の一部をエイズ対策プログラムに寄付する(RED)という取り組みに基づく新色モデルが登場。これまでもiPodやiPadカバーなどで実施されてきたが、iPhone本体では初めて。このほか、Apple Watch用のバンドも追加された。

──また、同時に9.7型『iPad』が高性能、低価格化して登場しています。こちらはいかがでしょう?

「3万円台からとグッと手頃になったので、敷居がすごく低くなりました。そろそろ買い換えたいと思っていた人はもちろん、家族へのプレゼントなどにもピッタリです。iPhoneで実現済みの防水が見送られたのは残念ですが、それは次に期待しましょう」

──しかし、『Mac Pro』の件もそうなんですが、最近のアップルは製品サイクルがとても長くなっていますよね。また、アップデートされたとしてもすごく地味。ガジェット好きとしてはちょっと物足りません。

「気持ちはわかります。でも、それは来る『iPhone 8』(☆4)に向けた総力戦に備えているからかもしれません。さすがのアップルも、近年のドラマのなさでは株主に追い詰められているはず(笑)。大本命の次世代iPhoneではドーンとお祭り騒ぎを巻き起こすでしょう。我々を驚かすニュースが出てくる予感しかありません」

☆4 iPhone 8



※画像はイメージです。

10周年を迎える次世代モデルでは、過去最大の改変が行われるとの噂。有機ELディスプレイ搭載によるさらなる薄型化や、ワイヤレス充電対応などが予想されている。ただし、あまりに大がかりな変更となるため、発売日が年末に?

☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)/音楽家、DJ。1998年にVERBALとm-floを結成。個人では加藤ミリヤ、MINMIなどのプロデュースを務め、海外アーティストのリミックスも積極的に行なう。小栗旬主演ドラマ『信長協奏曲』に続き、現在放送中の『人は見た目が100パーセント』の劇伴を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。自身が運営するダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は開局5周年を迎え、音楽の新たなムーブメントを発信し続けている。

インタビュー・文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年6月号より抜粋

m-flo ☆Takuのare you Apple holic ? 記事一覧ページ