LGエレクトロニクスは26日、42.5インチのIPS 4K(3840×2160画素)液晶モニター「43UD79-B」を5月19日から順次発売すると発表した。

 ピクチャーバイピクチャー(PBP)に対応し、1画面あたり約21.3インチのフルHD映像を最大4画面同時に表示できる。また、画面全体に4K映像を表示し、別の映像を同時に表示させるピクチャーインピクチャー(PIP)機能も搭載。インターフェースは、HDMI端子を4ポート(4K@60Hz対応×2、4K@30Hz対応×2)、DisplayPort端子、USB Type-C端子、RS-232C端子の合計7ポートに加えて、USB3.0のUSBダウンストリーム端子を2本搭載。さらに10W+10Wのパワフルなスピーカーを内蔵し、大画面にふさわしい音声を楽しめる。

 また、付属するソフト「OnScreen Control(オンスクリーンコントロール)」の機能「Screen Split(スクリーンスプリット)」を使うことで情報量の多い4K画面上でウィンドウを自動的に最大4分割して表示でき効率的な作業ができる。

 さらに、My Application Preset(マイアプリケーションプリセット)では、ソフトごとにピクチャーモードをあらかじめ設定でき、該当するソフトの起動またはウィンドウ選択時に自動的に設定したピクチャーモードが適用される。

 想定売価は8万3,000円前後。