女子テニス、ポルシェ・テニス・グランプリ、シングルス1回戦。ポイントを奪って喜ぶマリア・シャラポワ(2017年4月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)薬物使用による出場停止処分を終えた女子テニスマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)は26日、ドイツ・シュツットガルト(Stuttgart)で開かれたポルシェ・テニス・グランプリ(Porsche Tennis Grand Prix 2017)で15か月ぶりの公式戦に臨み、ロベルタ・ビンチ(Roberta Vinci、イタリア)を7-5、6-3で破った。シャラポワは復帰戦での白星を「世界で最高の気分」と表現した。

 元世界1位で、四大大会(グランドスラム)通算5勝を誇るシャラポワは、2016年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)に出場した際の検査で、禁止薬物のメルドニウム(Meldonium)が検出され、出場停止処分を受けていた。復帰には批判の声もあったが、試合では立ち上がりの緊張を振り払い、文句なしの勝利をつかんだ。

 シャラポワは繰り返し拳を突き上げ、満面の笑みで勝利を祝うと、ポルシェ・アレーナ(Porsche Arena)の観衆に向け投げキス。「(コートに)出るのは世界最高の気分。幼い頃からの私の舞台で、特別な場所。ずっとこれを待っていた」と語った。

 シャラポワはこの大会で過去3度優勝しているが、主催者推薦(ワイルドカード)での今回の出場に対しては、特別待遇だとして他の選手から批判されていた。

 しかし、試合を通して39本のウイナーに加え、11本のサービスエースをたたき込み、自身を批判する選手の一人でもあったビンチを下したシャラポワは「本当に長い間テニスをしてきたが、この日は久しぶりの試合だった。その瞬間にいるときは、他のすべてのものを遮断しなくてはいけない」と話した。

「私は生まれながらの負けず嫌い。物事がうまく進んでいないときも。すべてを忘れて私らしく勝負している瞬間こそ、自分がベストなとき」

 27日に行われる2回戦で同胞のエカテリーナ・マカロワ(Ekaterina Makarova)との対戦が決まったシャラポワは、「タフな試合になるが、私にとってはすべての試合が重要」とコメントを残した。
【翻訳編集】AFPBB News