『昼顔』カップルがイタリアの映画祭に降臨!
 - (C) 2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

写真拡大

 イタリアで開催中の第19回ウディネ・ファーイースト映画祭で現地時間24日、映画『昼顔』のワールドプレミア上映が行われ、“日本映画で最も美しいカップル”(by映画祭公式サイト)の上戸彩と斎藤工が舞台あいさつを行った。昨年の『高台家の人々』(2016)に続いて2年連続の参加となった斎藤は、日本からの機内で暗記したというイタリア語で「僕にとって特別な場所であるウディネに再び戻って来られて光栄です」と語りかけ、上戸の愛らしい笑顔と共に、またもイタリア人のハートをがっちり掴んでしまった。

 恐らくほとんどのイタリア人が未見であろうテレビドラマの続編に当たる本映画を上映するのは、映画祭にとってもある種の賭けだが、2人を招くのは悲願だったようだ。斎藤は昨年、溢れ出すフェロモンでイタリアの女性をメロメロにし、「再び会いたい」という声が高かったようだが、上戸もイタリアで公開された映画『テルマエ・ロマエ』で知られた存在。同作はこの映画祭の第14回で、インターネット上のファン投票で決まる観客賞「マイムービーズ賞」を受賞している。それだけに上映前に行われた記者会見では、初のウディネ入りとなった上戸の経歴や人柄を知ろうと、「日本ではなかなか聞かれない」(上戸)という質問が相次ぎ、上戸もぶっちゃけ発言連発しつつ、会場の笑いを誘った。

 まず「コンテストで芸能界入りしたということですが、最初から女優を目指していたのですか?」の問いに、上戸は「テレビのブラウン管の中に入ってみたいなと遊び半分でこの世界に入っちゃって、あとは家族にお家を買ってあげたいと、その夢を叶える為にコツコツ働いてきました。でもお家は19歳でお母さんにプレゼントすることができました」と明かす。これには同席していた西谷弘監督や斎藤も「すごい……」とざわついたが、そんな2人をよそに上戸は「なので別に女優になりたいという夢はなかったのですが、ここ最近はお芝居が楽しいと思えるようになりました」と続けた。

 さらに上戸が歌手活動をしていたことを知ると、「憧れの歌手は?」という質問も。すると上戸は「私は歌が大っ嫌いで、イヤイヤCDを出していて、歌番組に出るたびに泣いていました」と本音を語り出し、斎藤に「やめなさいっ!(苦笑)」とたしなめる一幕もあった。ただ「ソフトバンク」のCM共演をきっかけにジャスティン・ビーバーのファンになったそうで「今、私に夢を与えてくれる方です」と付け加えた。

 また、ウディネでの『テルマエ・ロマエ』効果を聞かれると、「全くないです。普通に空港も街を歩いています」とキッパリ。そのおかげで日本ではなかなか体験できない時間を味わっているようで「(スペインのインテリア・ファッションブランドの)Zara Homeデビューしました」と嬉しそうに語る。

 映画『昼顔』は、2014年のテレビシリーズから3年後の設定で、「会ってはいけない」という覚書を交わしたはずの紗和と北野先生が、運命のいたずらで再会してしまうところから始まる。映画化にも至った同作品の人気は、上戸と斎藤の俳優人生に大きな転機となったと言っても過言ではないだろう。

 この日も上戸は「お恥ずかしい事に、私はラブシーンが苦手で一番避けてきた仕事です。しかも小さい頃から仕事をしてきて、学生役やアイドルのイメージが強かったので、自分が大人の恋愛話に携わる自信がなかったので最初はお断りしていたんですけど、西谷監督に『不倫や禁断の愛に足を踏み入れるイメージのない上戸さんに演じて頂きたい』と言われ、監督の胸に飛び込んでみました。しかも相手がプライベートでも仲の良い工君だったので、ありのままの自分を受け止めてくれ、リラックスして演じることができました」と振り返った。

 一方の斎藤も「本作のおかげで、それまで無味無臭だった俳優としての自分に色や味が備わった。一つ付いたイメージを、バラエティーに出演するのもそうですけど、今度は振り子のようにどのように生かすか。次のステップにいける、特別なプレゼントをもらったと思っています」と語った。2人の滞在は約2日間と短かったが、人口約10万人のウディネの街の人々の記憶に、日本から来た美男美女カップルの存在はしっかりと記憶に刻まれたに違いない。(取材・文:中山治美)

第19回ウディネ・ファーイースト映画祭は4月29日まで開催
映画『昼顔』は6月10日より全国公開