インスタで人気のクリームハイライト2種を比較 デパコスorドラコスおすすめは?

写真拡大 (全9枚)

ドラックストアやデパートで見かけるコスメたち。欲しいなと思うものはたくさんあっても、種類が豊富すぎてどれがいいのかわからない! と悩んでしまう方も多いのでは? 
今回は顔を立体的にみせ、ツヤ肌を演出してくれるクリームハイライトを、デパートコスメとドラックストアコスメからピックアップして比較してみました! お買い物の参考に役立ててみてね♡

まずはクリームハイライトの基本の使い方



クリームハイライトをつける場所は、目の下の三角ゾーンや頬骨の上あたり。光が顔に当たるように上を向き、ライトが顔に当たっている部分につけてあげるとキレイにのせられます。 
また、滑らせるようにつけるとメイクがヨレてしまう原因になるので、ポンポンと軽くたたくようなイメージで伸ばしてみてください! 一度にたくさんつけるのではなく、あくまで自然にツヤ感をプラスする感じで使うのがおすすめです♡

今回はスリーとキャンメイクのクリームハイライトを比較!



人気のクリームハイライターといえば、『THREE(スリー) シマリング グロー デュオ 01』と『CANMAKE(キャンメイク) クリームハイライター 01 ルミナスベージュ』。それぞれ、Instagramなどでも高頻度で見かける人気コスメです!
クリーム系のハイライトは他ブランドでも見かけますが、使いやすさい、ハイライターとしての機能面がお気に入りのこちらの2アイテムを比較してみようと思います!

腕にスウォッチ


一見違いがないように見えますが、肌をよく見るとスリーの方が若干ではありますが、ツヤっと感がでているかなと思います。そして、もう1つの大きな違いがラメ感。

キャンメイクのハイライトは、肌につけるとゴールドのラメがパッとみただけでよくわかります。


一方、スリーのハイライトは、ラメはあるものの、パッとみただけではあまり感じませんね。


どちらもつけ心地はサラっとしていて、肌なじみが良いですよ!

スリーのハイライトのおすすめポイント
スリーのクリームハイライトは2色入りということもありますが、4500円(税抜)とちょっとお高め。ですが、よく見てもラメがあまり目立たないので、お仕事などでラメはNG! という方にも使っていただけます。
また、「クリームハイライトってヨレやすいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、朝したメイクがヨレてしまうということはありませんでした(個人差あり)。そしてなにより肌なじみがいいので「ハイライトを仕込みました!」感がないのがおすすめポイント! ナチュラルにツヤ肌が仕上がりになりますよ♡


THREE(スリー) シマリング グロー デュオ 01 【ショップバッグ付】 / ¥5641 / 肌なじみのよいクリーミィなテクスチャーで、指でのばすとさらりとしたパウダー状に変化。本来あるべきツヤと血色を肌に溶けこませることで、いきいきとした生の肌感に。スキントーンをより一層クリアに見せると同時に、つるんとハリのある肌に仕上げます。

キャンメイクのハイライトのおすすめポイント
一方、キャンメイクは600円(税抜)とプチプラなので、クリームハイライトを使ったことない方や挑戦したいという方におすすめです♡ ただ、スリーに比べて肌にのせた時に大きなラメが目立つので、少しずつ調節しながらつけてみてくださいね!


CANMAKE(キャンメイク) クリームハイライター 01 ルミナスベージュ / ¥648 / ツヤっとした自然な光を再現。 クリームタイプのハイライター。クリームなのに驚くほど軽い塗り心地。高密着処方で長時間、立体的なツヤ肌をキープします。適量を指でとり立体感とツヤを足したい部分に塗付して下さい。

私は普段のお仕事メイクではスリーを使うことが多く、ラメ感があるアイテムをアイメイクやリップに取り入れたときはキャンメイクを使用しています!
シーンに応じて使い分けるのがおすすめです♡


こちらのメイクは、スリーのハイライトを頬骨、目の下の三角ゾーンに使用しています。付けている感がなく、光が当たるとツヤっとしてくれるのがお気に入り♡ あくまで自然に顔にメリハリ・ツヤ感が出せるのがクリームハイライトのいいところですね!

どんなメイクに使用するのかでもアイテム選びは変わってくるので、ぜひご自身のメイクに合ったクリームハイライターを取り入れて、メリハリ・ツヤ感をゲットしてみてくださいね♡
(常岡珠希)