バリ人は、そもそもストレスを溜めない【My Ubud Life】

写真拡大 (全5枚)

「ストレスフリーな生き方」と聞くと、まずは「ストレスの解消の仕方」を思い浮かべますが、それってじつはストレスを感じていることが前提。ストレスを感じていない日本人は、私含め、ほとんどいないと思いますが、バリ人は、そもそもストレスを溜めない。
ストレスがかかることはしない
彼らは、自分のキャパシティ以上のことはしません(しかもそのキャパシティ設定はかなり低め)。以前雇っていたドライバーが、人を送りに行くとなかなか帰ってこないので、どこに行ってるの? と聞くと、家に帰って朝ごはんを食べてコーヒーを飲んでいるのだそう。営業時間は、人を送り届けたらすぐに帰ってきてくれるように伝えると、なんと、辞めたい、と。(仕事終了後もFacebookかYoutube見ている割には)結婚式やお葬式やその他の儀式で忙しいから、働く時間がない、とのこと。「働かなかったら借金はどうするの?」と耳が痛いことを聞かれたら、バリニーズスマイルで交わす。基本的に、辛いことはしません。未だに、完全に理解しきれないところです。
とにかく笑う、家族と笑う
キャパシティを低めに設定しストレスを溜めないバリ人ですが、バリ人なりに、もちろんストレスを抱える人もいます。たとえば、夫がもう長年働かず、14人の家庭の生計を一人で切り盛りしているおばちゃん。仕事の合間に、よく私の腕の中で泣いていますが、夫婦で一緒にいるところを見ると、とっても楽しそう! 演じているわけでもなさそうで......私としては驚愕ですが、家族が健康で、なんとか暮らしていけていれば、それでいい。それが、幸せだそう。大所帯で暮らし、常に一緒にいるのに、いつ見ても話が途切れることなく、爆笑しているバリ人家族。先進国の人間は、学べることがありそうです。
とにかく感謝する、そもそも多くを求めない
バリヒンドゥー教の信仰が生活の隅々にまで根付くバリでは、家の隅々に、道のあちこちに、家寺に、職場の祭壇に、毎日お供え物を作って祈りと一緒に捧げます。貧しい人は少しのお供え、裕福な家ではたくさんのお供え、それぞれの生活レベルに見合ったお供えをするようですが、どんなに貧しくとも、少しでもあるものに対し神々に感謝し、食べ物に困っていても、ある食べ物の中からお供えをする。幸せであるために、そもそも多くを求めないのがバリ人です。
トリ・ヒタ・カラナ(幸せに必要な3つの要素)
神々との調和。自然との調和。人間同士の調和。「幸せに必要な3つの要素」という意味のトリ・ヒタ・カラナ。バリを代表する、古来からの哲学です。全ては、ここに集約される気がします。そしてこの3つの要素は、バリ人にとってだけでなく、おそらく人類全体にとっての幸せの原則で、皆がこの精神に則って生きていたら、この地球はこんなことになっていないはず。バリ同様、八百万の神々がいて、本来アニミズム(多神教)の国、日本。宗教ではなく、魂の深いところに根差し、太古から変わらず私たちの根幹にあるもの。日本人がそもそも持っているのに忘れてしまったもの。それがここには、残っている気もします。日本人がバリを初めて訪れて「懐かしい」と言うのは、そう言うことなのでしょうか。

>>「My Ubud Life」をもっと読みたい
・人生観まで変わる。バリ島ウブドの完全セルフサービスのレストラン ・2017年、「余白」のある生活を送るためにする7つのこと ・理念よ、どっかいけ。思考よ、どっかいけ