磐田FW小川航基が公式戦初得点含むハット! 小野伸二先制弾の札幌はドロー/ルヴァン杯A組

写真拡大

 2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第3節が26日に各地で行われた。

 首位に立つ北海道コンサドーレ札幌はホームで大宮アルディージャと対戦。16分に小野伸二のゴールで先制したが、終盤の85分に同点弾を浴び、1−1の引き分けに終わった。

 2試合勝利がなく最下位に沈んでいたジュビロ磐田はホームでFC東京と対戦。11分に小川航基のプロ入り後公式戦初ゴールで先制すると、22分には小川がPKで2点目をマーク。さらに62分にはハットトリック達成となる3点目を奪った。86分には1点を返されたが、3−1の快勝で今季のルヴァン杯初白星を挙げた。

 また、ホームで清水エスパルスと対戦したベガルタ仙台は3−1で快勝した。この結果、札幌が首位をキープ、仙台が2位に浮上し、唯一未勝利の清水が最下位となっている。

 第4節は5月3日に行われる。

■ルヴァンカップ・Aグループ第3節
北海道コンサドーレ札幌 1−1 大宮アルディージャ
ベガルタ仙台 3−1 清水エスパルス
ジュビロ磐田 3−1 FC東京
※柏は試合なし

■順位(第3節終了時)
1位 札幌(勝ち点7/得失点差3)
2位 仙台(勝ち点6/得失点差−2)
3位 柏(勝ち点4/得失点差1)
4位 FC東京(勝ち点3/得失点差4)
5位 磐田(勝ち点3/得失点差−2)
6位 大宮(勝ち点2/得失点差0)
7位 清水(勝ち点0/得失点差−4)

■第4節対戦カード(5月3日)
大宮 − 仙台
柏 − 磐田
FC東京 − 札幌
※清水は試合なし