中島&遠藤らのゴールで横浜FMが新潟に4発快勝《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が26日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、4-1で横浜FMが勝利した。

▽2連敗スタートとなった横浜FMと、1分け1敗の新潟が対戦。横浜FMは、直近の柏レイソル戦から、扇原、前田、ウーゴ・ヴィエイラの3選手以外を変更し、バブンスキーやU-21の中島を先発起用した。対する新潟は、直近のFC東京戦から全選手を入れ替え、鈴木や端山、成岡といった選手がスタートからピッチに立った。

▽先にチャンスを作ったのは横浜FM。7分、ボックス左手前から吉尾がシュートを放つが、これはわずかにバーの上へはずれる。

▽対する新潟は11分、端山の左CKに平松が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠を捉えることができない。

▽それでも、新潟は18分にスコアを動かす。ボックス左に侵入した鈴木が仕掛けて正面のジャン・パトリックにパス。ジャン・パトリックが冷静にシュートをゴールに流し込み、新潟が先行する。

▽ビハインドを背負った横浜FMだが、32分に同点に追いつく。ウーゴ・ヴィエイラがジャン・パトリックのヒジ打ちを受けてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが確実に決めて1-1とした。

▽迎えた後半、62分に前田に代えて齋藤を投入して積極的に2点目を狙いにいった横浜FMは、65分に勝ち越す。左サイドで得たFKで、キッカーの吉尾がクロスを入れる。最後は混戦から正面の中島がシュートをねじ込み、横浜FMが逆転する。

▽勢いに乗った横浜FMは、72分に遠藤のクロスに合わせた伊藤のヘディングシュートがポストに直撃。それでも、83分にバイタルエリアで仕掛けてボックス右に侵入した遠藤がファーにプロ初ゴールとなるシュートを決めて3-1とする。

▽さらに横浜FMは88分、扇原が豪快なミドルシュートを決めて4点目。そのまま快勝した横浜FMが、今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。