ミスタードーナツが毎年提供している「涼風麺」の新作として、麺、スープ、トッピング全てに野菜を使った「ベジソバ」が話題となっているラーメン店「ソラノイロ」とコラボした「ベジ涼風麺」が2017年4月26日(水)から登場しました。パプリカを練りこんだもっちりとした平打ち麺に、キャベツ・ズッキーニ・パプリカ2種・ヤングコーンをのせ、ほんのり甘いニンジンのスープをかけた「ベジ涼風麺」と、パプリカ平打ち麺をセミドライトマトといっしょにトマト豆乳スープにつけて食べる「トマト豆乳ベジ涼風麺」の2種類が食べられるとのことで、実際にどんな味わいなのか食べに行ってきました。

ベジ涼風麺|新商品|ミスタードーナツ

https://www.misterdonut.jp/m_menu/new/170426_002/index.html

ミスタードーナツにやってきました。



さっそく「ベジ涼風麺」(税込572円)と「トマト豆乳ベジ涼風麺」(税込464円)を注文。



まずは彩り鮮やかなベジ涼風麺から食べてみます。



麺の上にはキャベツ・ズッキーニ・パプリカ2種・ヤングコーン。



皿の脇には「赤ゆずこしょう」が添えられていました。ちなみに赤ゆずこしょうはどの商品にでも21円で追加できるとのこと。



焼き目のついたズッキーニを食べてみると、「くにゅ」っとした柔らかい食感で、びっくりするほどの甘みを感じます。



キャベツも同じくしなっとした食感で、酸味のある人参スープを絡めるとピクルスっぽい感じ。



ヤングコーンもほどよく柔らかめの食感。



パプリカは赤と黄の2種類。いずれも「野菜ってこんなに甘かったっけ……?」と思えるほど素材の味が強く、野菜好きなら納得の出来栄えです。



というわけでパプリカを練りこんだ平打ち麺を食べたところ、麺やスープからも野菜の甘みが感じられ、上品な味わいに仕上がっています。



優しい味わいのスープなのですが、少しパンチがほしくなったところで、赤ゆずこしょうをスープに混ぜてみます。



赤ゆずこしょう単体だとかなり辛いのですが、スープに溶かすことでゆずこしょうの香りと唐辛子の辛味が加わり、ピリ辛スープに変化します。



赤ゆずこしょうを全部スープに溶かしてもさほど辛くはないので、具材にちょこっとつけながら食べるのもアリです。



つづいて、つけ麺タイプの「トマト豆乳ベジ涼風麺」へ。



麺の上にはセミドライトマトがのっています。



トマト豆乳スープは見たことのない色合い。



まずは何もつけずにパプリカ平打ち麺だけ食べると、小麦の味わいに加えてわずかに甘みがあります。



トマト豆乳スープにつけたところ、豊かなトマトの香りが口の中に広がり、トマトらしい酸味とうまみがあふれています。「ドロッとした甘いトマトジュース」という感じですが、まったりとした豆乳のコクも感じられ、めちゃくちゃおしゃれな味わいに仕上がっています。



セミドライトマトはブルスケッタなどの上にのっていそうな味わいで、バジルの香りが食欲を誘います。



セミドライトマトはトマト豆乳スープとの相性もよく、トマトをしっかり堪能できる一品となっています。