3点目を決めた李がサポーターに歓喜のポーズ。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[ACLグループステージ5節]浦和 6-1 WSW/4月26日/埼玉

 浦和が6ゴールの圧勝でグループステージ突破とともに決勝トーナメント進出を決めた。

【浦和 6-1 WSW PHOTO】浦和が6ゴールの快勝で決勝T進出を決める

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は4月26日、グループステージ5節を各地で開催。埼玉スタジアムでは浦和レッズ対ウェスタンシドニー・ワンダラーズの一戦が行なわれた。

 浦和は立ち上がりの14分に早くも先制。左サイドを深く切れ込んだ武藤からのラストパスを受けた関根が右足で狙い澄ましたシュートを沈め、ゴールネットを揺らす。浦和が1-0とリードする。

 さらに、ポゼッションで圧倒的に優位に立つ浦和は4分後、駒井のドリブル突破から、ズラタンへのスルーパスが通る。ズラタンはGKとの1対1を冷静に制し、ゴールに流し込んだ。浦和が2点をリードした。

 さらに前半終了間際の43分には、李のシュートが決まり3点目。引き分け以上の結果で、今節でのグループステージ突破が決定する浦和は、この時点で決勝トーナメント進出に大きく近づく。

 後半に入っても浦和は攻撃の手を緩めない。後半の主役になったのはラファエル・シルバで、WSWの楠神に1点を返されて迎えた71分、李とのワンツーで抜け出したR・シルバがゴールに流し込み4点目。さらに80分には柏木からのパスに抜け出して浮き球のシュートを決め5-1とする。

 後半アディショナルタイムには、カウンターからR・シルバと興梠の巧みなコンビネーションで相手を翻弄。最後はR・シルバのヒールパスから興梠が流し込み、6点目を奪った。

 試合は6-1で終了。浦和は勝点を12に伸ばし、この時点でグループ首位をキープ。次節、グループ首位での突破に期待がかかる。