消火活動中の自宅から「ビール」を持ち出そうとするも…(出典:http://www.keloland.com)

写真拡大

自宅が火事になれば命の優先は言うまでもないが、炎から逃げる前にどうしても持ち出したい大切なものもあるに違いない。しかし、この男が燃えているアパートから持ち出そうとしたものは…。嘘のようなホントの話を『keloland.com』や『nypost.com』が伝えている。

4月23日のこと、米サウスダコタ州で起こった火災現場で1人の住民があるものを持ち出そうとしたため、公務執行妨害で警察に逮捕されるという出来事が起こった。

この日の午後、同州スー・フォールズにあるアパートから煙が上がっていると通報を受け、地元消防団員と警察官が現場に駆け付けた。

アパートに住んでいる2人の住民は煙を吸い込んでおりその場で手当てが施されたが、もう1人は煙の吸引と火傷で病院へ搬送された。消防団員らが消火活動にあたり、警察官らが周りにいるといった状況の中で、別の住民は四つん這いになりまだ火が完全に消えていないアパートへの侵入を試みた。

命の危険を冒してまでその男がアパートに入り持ち出したかったものは、なんと“バドアイス・プレミアムラガー”2缶だったというから驚きだ。よほどのビール好きだったのだろうか、懸命に消火活動をする消防団員や警官らを押しのけてまでアパートへ向かおうとした男を警察は「公務執行妨害」で逮捕した。

同日夜、スー・フォールズ警察のツイッターアカウントにこの男のことがツイートされた。

「消防署員と警察の公務を妨害したことにより男1人を拘留中。消防団員や捜査官らを押してまでビールを取りに行くことはお勧めできません。」

逮捕された男は、火事により一旦外へ避難し、消防団員や警察官らに「(アパートの)外にいるように」と言われたにもかかわらずビールを取りに行こうとしたのだが、この男が既に飲酒状態であったかどうかは不明だという。また、火事の原因も今のところ明らかになっていない。

幸いにも10分後に鎮火し、死者も出さずに済んだ。だが「命よりもビール」と思い炎の中に飛び込もうとした男には、逮捕を機にしっかりと反省してもらいたいものである。

出典:http://www.keloland.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)