日産自動車、追浜工場の見学者用ゲストホールをリニューアル


日産自動車は、追浜工場の見学者用のゲストホールをゴールデンウイーク前にリニューアルしたと発表した。


追浜工場ゲストホールは、1962年9月に追浜工場内にオープンして以来、一般や小学生の社会科工場見学など、325万人以上の来場者を迎えてきた。
2016年度の見学者数は約6万4,000名で、日産の国内5工場の中でも最大の見学者を受け入れている。

今回のゲストホールのリニューアルは、建物の入り口に車両展示スペースを設け、追浜工場で生産しているクルマを展示し、日産ブランドを感じてもらえるデザインとした。


展示ホールは、「プレス」、「車体組み立て(溶接)」、「塗装」、「車両組み立て」、「検査」の5つの工程を、作業場面を切り取ったフレームのような展示ステージで構成。それぞれのステージでは実物を展示し、触れて体験できるものもある。

追浜工場で生産された歴代車両のミニカーや、著名なペーパーアーティストである太田隆司氏による追浜工場初期の風景をイメージしたペーパーミュージアムなど、工場見学を楽しくする展示もしている。

自動車作りの工程に触れる事が出来る今回リニューアルされた追浜工場ゲストホールは、ゴールデンウイークに家族で見学に行くのもお薦めだ!

【ギャラリー】NISSAN FACTORY4

■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/