知られざる銀座の名所を巡る「一銀ツアー」が開催

写真拡大

「一銀ツアー」とは、銀座ビギナーを「一見さん」になぞらえて「一銀さん」と称した「一銀プロジェクト」の活動。知られざる銀座の名所を巡る“銀座巡り”が開催されると聞きつけ、編集部が潜入してきた。ちなみに、このプロジェクトの一環として、4月29日(土)まで、銀座選りすぐりの約50店の食べ歩きが楽しめる「銀座街バル2017」も開催中だ。

【写真を見る】1917(大正6)年の創業以来、絵の具や絵筆、スケッチブックから、それらを持ち運ぶためのバッグまで、すべてをオリジナルで製造販売する画材店「アトリエ・エムゾ銀座」

■ 銀座8丁目に存在する大正創業の画材アトリエ「月光荘」

1917(大正6)年の創業以来、絵の具や絵筆、パレット、スケッチブックはもちろん、それらを持ち運ぶためのバッグにいたるまで、そのすべてをオリジナルで製造販売している画材店。

1Fは画材売り場、地下1Fには小さなギャラリーと手紙製品が並び、喫茶としても楽しめる空間が広がる。

ほかにも4Fにはワークショップなどが行われる、「アトリエ・エムゾ銀座」も。Tシャツやトートバッグ、ハンカチーフ、コースター、ランチョンマットなどをキャンバスに絵を描くこともできるので、ぜひ体験してみよう。

■ 銀座最古の手動式エレベーターに試乗ができる

築80年以上の歴史的建築物「奥野ビル」にある、銀座最古と言われる手動式エレベーター。修繕、整備を繰り返し、現在も稼働しており、使用可能だ。

■ 銀座の一等地にある「伊東屋」に野菜工場があった!

1904(明治37)年創業の文房具の専門店「伊東屋」。2015年6月にリニューアルした伊東屋の新本店「G.Itoya」は、“モノを買う店舗”から様々な体験のできる“過ごせる店舗”をコンセプトにしている。文房具を購入するだけでなく、ワークショップや喫茶を楽しめる空間があるのも特徴だ。

この工場で作られているのは主に葉もので、これらはすべて12Fのカフェのサラダに使用されている。LEDと水で栽培されたこの野菜は、約40日かけて育ち、毎朝収穫されている。この野菜を育てているのが伊東屋の職員だというのも驚きだ。

【ウォーカープラス編集部】