【詳細】他の写真はこちら

『シャア専用ザク』が「シャアザク」なら、こっちは「シャアチャリ」と言ったところでしょうか。

ガンダムを見たことがない人でも「ああ、なんか赤くて3倍なんでしょ?」くらいには認知されている感のある「機動戦士ガンダム」を代表するキャラのひとり、シャア・アズナブル。乗り込む機体の多くが赤く塗装されていることに由来する「シャア専用」グッズが数多く発売されていることでも知られています。

プレミアムバンダイで取り扱う初のロードバイク



本日(2017年4月26日)から「プレミアムバンダイ」で予約開始された『ZEONIC社製 シャア専用ロードバイクRD-AL01-02』は、ご多分に漏れず真っ赤に塗装されたスポーツ自転車。カーボンとアルミの2種のフレームが用意され、カーボンフレームのモデルが税込み35万円、アルミフレームモデルが税込み15万円(いずれも送料・手数料別途)で販売されるとのこと。


画像左がカーボンフレーム、右がアルミフレームのモデル

ガンダム関連商品として一応、作中に登場するモビルスーツ開発企業のZEONIC(ジオニック)社製という設定になっていますが、バンダイのキャラクターバイク新ブランド「AvanGarage(アヴァンギャレージ)」の第一号製品ということになります。

細部までこだわったディテールの数々





カーボン、アルミ両モデルとも、ガンダムのメカニックデザイナーである大河原邦男氏によるスペシャルヘッドバッジを標準装備。こちらはジオン国章をあしらった立体的なデザインです。車体各所にはシャアのパーソナルマークをひじめ各種マーキングが施され、さながらガンプラの精神をそのまま自転車の世界観に持ち込んだかのようなルックスとなりました。



スペックを見るとフレーム以外にも変速機や前後の油圧ディスクブレーキなど、それぞれ個性を持った車体構成だとわかる今回の2モデル。重量はカーボンフレームモデルが約9.5Kg、アルミフレームモデルが約10Kgとなっています。フレームのサイズ展開は両モデルとも450mm/480mm/510mm/540mmで、対応する身長は160cmから184cm。長めに設定されたヘッドチューブにより、ロングツーリングに最適な設計であるとされています。



予約受付は準備数に達し次第終了、商品の発送はカーボンフレームが2017年10月より、アルミフレームであれば2017年9月より順次となる予定。ちょうど木々が紅葉に染まる頃には、路上の「赤い彗星」としてツーリングを楽しむ事ができそうです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



ZEONIC社製 シャア専用ロードバイクRD-CB01-CA02(カーボンフレーム)

ZEONIC社製 シャア専用ロードバイクRD-AL01-02(アルミフレーム)

プレスリリース

関連記事



実物大ガンダム立像に別れを告げたクロージングセレモニー。次は「ユニコーンガンダム」が大地に立つ!

赤い半纏のシャア…!? 立川志らく『ガンダム落語』だって!?【動画あり】

まさかのガンダムコラボ!今月の「ビジョメガネ」はセイラ、ハモン、キシリアがメガネ姿で登場