プロ初ゴールを決めた小川航基

写真拡大

 U-20日本代表のエースストライカーFW小川航基が待望の公式戦初ゴールを決めた。

 26日、ジュビロ磐田はルヴァン杯グループリーグ第3節でFC東京をホームに迎えた。先発出場した小川は前半11分、右クロスからMFアダイウトンが放ったヘディングシュートのこぼれ球にいち早く反応。GK大久保択生と交錯しながら左足で押し込み、渾身のガッツポーズをみせた。

 桐光学園高から加入した昨シーズンはJ1のピッチに立つことができなかった(ルヴァン杯は2試合、天皇杯は1試合に出場)小川。「とにかく『一回』結果を残したい」と語っていた“勝負のプロ2年目”で、まずはゴールという結果を残し、5月に韓国で開催されるU-20W杯に向けて弾みをつけた。


●ルヴァン杯2017特設ページ

●[ルヴァン杯]GL第3節 スコア速報